寄らば大樹

正確には「寄らば大樹の陰」と言うのでしょう。

 

これは、塾長の率直な感想(感慨)ですが・・・

 

最近の子供たち・優秀な若者たちを見ていると、

なぜなのだろう?と思うことが多い。

フリーランス(個人経営)よりは会社・企業へ、

できれば、中小企業よりは大企業へ、、、

という流れを”切望”しているように見える。

企業であれば、中小企業よりは大企業の方が人材に恵まれ、

より優秀な人材に巡り合えるチャンスも多く、企業自体の寿命も長く、

失業するリスクも少ない。 また、給料も高い。

 

とはいえ、

人生は一回きりのものです。

「安全」よりも「自由」を選びたいものです。

 

私が大企業の面接官であれば、

このような「寄らば大樹の陰」的な発想をする若者はとりませんし、

将来、企業の中枢を担うような人材とも思えません。

様々な意味で、「所属」ではなく「自立」していることが

大切なことと考えるからです。

 

 

 

_DSC2476-001.JPG 

      

   ベルギー・アントワープの「聖母大聖堂」   2018.10.28

 

 

「天国への道」なるものがあるなら、

ここで鳴り響くオルガンの音色の作る空間はまさしくそれ・・

僕は無宗教なのだけれど、散歩がてらに教会やお寺を訪れることはある。

この「大聖堂」の心地よさは格別。

 

 

 

45085775_277847576405330_1760286543764783104_n-001.jpg

 

   僕が参加したアントワープのギャラリー 広告塔は僕の作品

 

 

展示会の開催中、オーナー(世界的に有名な彫刻家)と5日間ほど寝食を共にした。

クリエイター同士には「自己紹介」はいらない。

たがいに作品を知ってることもあり、

どういう感性の持ち主か?勝手な想像が働く。

もの創りに取り組んでいる人は「既成概念に囚われない自由人」であることが多く、

世界中どこでも、特別な気遣いはしなくてよい・・

ただ、人は皆それぞれに”孤独”だということ・・そのことを再確認する。

 

 

EUに出かけると、

日本こそは「best contry 」だと思っている子供たちに出会うことがある。

この国は「家族社会」なのだろう・・

娘が落とした財布を父親がくすねるなんてことはあり得ないように、

財布を落としても、最寄りの交番に出向けばそのままの状態で届けられている。

 

EUでは、個人主義が当然のように浸透している。

子供から大人になっていく過程で、ほとんど無宗教に近い彼らにとって、

「どのように孤独と対峙するか?」を学ばなければならない。

ところが、この国・日本は家族社会なので

孤独をシェアする(分け合う)ことが出来る(錯覚かもしれないが・・)。

(EUに住む)彼らは(孤独をシェアできる)世界観を

アニメや漫画を通して知っている。