寄らば大樹

正確には「寄らば大樹の陰」と言うのでしょう。

 

これは、塾長の率直な感想(感慨)ですが・・・

 

最近の子供たち・優秀な若者たちを見ていると、

なぜなのだろう?と思うことが多い。

フリーランス(個人経営)よりは会社・企業へ、

できれば、中小企業よりは大企業へ、、、

という流れを”切望”しているように見える。

企業であれば、中小企業よりは大企業の方が人材に恵まれ、

より優秀な人材に巡り合えるチャンスも多く、企業自体の寿命も長く、

失業するリスクも少ない。 また、給料も高い。

 

とはいえ、

人生は一回きりのものです。

「安全」よりも「自由」を選びたいものです。

 

私が大企業の面接官であれば、

このような「寄らば大樹の陰」的な発想をする若者はとりませんし、

将来、企業の中枢を担うような人材とも思えません。

様々な意味で、「所属」ではなく「自立」していることが

大切なことと考えるからです。