「ワクチンと薬の違い」を知る

 

「ワクチンと薬の違い」について・・

 

ワクチンは健康な人に投与し、薬は何らかの疾患を持た人を対象に投与します。

その意味では、ワクチンは限りなく無害に近いのもでなくてはならないし、

薬は、既に何らかの疾患を持った人に投与するのであって、

疾患を快方に向かわせるものであるなら、

多少の副作用が伴うことを前提としてます。

(疾患に対しての効果と副作用を測りにかけていることになります)

 

ワクチンは3ステージクリアしないと多くの人へは投与できないことになってますが、

国によっては、3ステージ目をクリアしないまま、投与されることが起こってます。

(悪く言えば、国民が人体実験されている状況になります)

 

年内には、アメリカやイギリスなど数カ国でワクチンの接種が始まるそうです。

(もちろん、3ステージ目をクリアしてますので、ほぼ安全なものでしょう)

早ければ、日本でも輸入されたワクチン投与が年内に始まりそうです。

コロナ禍での社会的弱者にあたる老人と基礎疾患を持つ者が優先されます。

(この記事を書いている)9月2日の時点からすれば、

およそ3か月後には接種は始まりそうですから、

それまで(3か月)の辛抱だと思われます(頑張りましょう!)

 

ワクチンの有効期限(抗体ができ、免疫機能が維持できるの)は3か月とも言われます。

季節性インフルも含めて、12月、1月、2月の最悪の期間を乗り切りましょう。

 

 

話題はかわりますが・・

先日(9月27日)、1年ぶりに原宿から渋谷までぶらぶらと歩いてみました。

原宿では、海外からの旅行者は皆無であり、日本人さえもまばらな状況です。

通りにはほとんど人がいないこともあり、マスクをしない者も見かける。

それでも、電車の中では全員がしっかりマスクはしている。

 

最近のデータからは、我々が期待していた集団免疫が成り立つことが難しいらしい。

一度感染しても再度感染するケースがあり、免疫は必ずしも維持できないらしい。

なお悪いことには、一度目の感染よりは二度目の感染の方が重症度を増すとのこと。

このように考えると、ワクチンが出来ようが、薬が開発されようが、

コロナの終息は見えてきません。

今後数年間、マスクをすることを強いられるのでしょうか。

我々がすむ東アジアは、その他のエリアに比べれば、コロナのリスクは50分の1くらいでしょう。

その上、日本人は辛抱強いのでパニックはならないでしょぷが、

他のエリアではどうなるのでしょう。

 

世界中がこのような窮地にある中で、

独裁的な国家の横暴と独善的な国家の覇権の間で、我々はどう生きればよいのか、

理性的であることをいつまで続けられるのか・・語ることが難しくなった。

 

 

2020.11月18日現在において・・・ 

 

1日の感染者数が2000人を上回るようになってきました。

 

今後、3000人を上回ってくることも時間の問題と思われますが、

 

それでは、行政はどのような対処(自粛)を求めるようになっていくのか?

 

 

それはとても難しい選択・対策となっていくと思われます。

 

自粛を強いる(せざるおえない)基準値は、感染者数ではなく、

 

病院のベット数であり、医療現場のキャパシティーに関係してくるからです。

 

最近の感染者の多くは若者であり、重篤者・死者は減少してます。

 

4月や5月の時点であれば、医療体制崩壊になりますが、

 

現時点では、まだ余裕があります。

 

これから、12月、1月、2月にかけて、

 

季節性インフルが猛威を振ることと重なり、

 

健康問題に関する社会的弱者(老人、子供、基礎疾患のある者)にとっては、

 

最悪の事態が目の前に待ち受けているわけです。

 

(ただし、消毒とマスクなど感染症対策が徹底されていることもあり、

 

季節性インフルも例年以上に抑え込めると思われます)

 

受験生を抱える当塾としては、通ってくる生徒たちの動揺は顕かであり、

 

無事、受験シーズンが過ぎることを祈るしかありません。

 

・・・・

 

 

生徒が触ると思われるドアノブや卓上などの消毒を徹底すること。

 

そして、教室内は仕切りで個別化すること、生徒間の距離を2m以上に保つこと。

 

40㎡の教室に6人までの生徒に制限すること。

 

これらの徹底したウイルス拡散防止対策に努めてます。

 

(最も感染リスクが大きいと考えられる外部から通ってくる講師を置かず、

 

塾長だけでの指導が前提)

 

 

これからの半年~1年間をどのように過ごすか?が、最大の課題です。

(ワクチンなり治療薬が確立するまでの時間稼ぎなのですが)

 

*健康面では、自分も含めて感染しないこと、感染源にならないこと。

また、”引きこもり状態”になることは、肉体面でも精神面でも良くない。

そこで、心身共に健康を維持するための当塾でやれること・・・

 

 

*学習習慣をキープすること。

(長期間の休みが続けば、ゲームなどへの依存度が増すこと)

悪い習慣が身に付いてしまうことを避けるためにも、

引きこもり状態を避けること。

 

*小学低学年生が安全に居れる場所を確保すること。

親御さんが共稼ぎの場合、家に置いては出かけられない。

当塾では、15:00~21:00まで、

勉強をしながら、学習習慣をキープし、

小学低学年生が安全に居れる場所を確保することに努めてます。

 

小学低学年生に限らず、高校生まで、引きこもり状態を脱すること、

学力低下を招かぬよう、復習や予習まで視野に入れた学習指導。

 

*生徒たちの多くは学校からたくさんの課題・宿題を与えられ、

それらをしっかりやる生徒としない生徒の格差が広がります。

今の状況では、都内で学校の授業が普通に始まめることが出来るのは、

早くて9月からでしょう。

その間にかなりの学力格差がつくものと思われます。

また、学習習慣を無くしたものと維持した者の差も大きく広がります。

 

 

 

 ・・・ 新型コロナウイルス感染の核心と2年後?の未来 ・・・

 

季節性インフルエンザとの比較において、新型コロナウイルスはなぜ脅威なのか?

季節性インフルエンザには、ワクチンがあり、タミフルという特効薬がある。

基礎疾患があったり高齢者であっても、ギリギリの状態で生きている人を除いて、

死に至ることはない(とはいえ、毎年、1500万~2000万の人が感染し、

1500~5000人の人が無くなっている)。

 

新型コロナウイルスには特効薬(アビガンが有効?)もなければワクチンもない。

したがって、感染者の中で重傷者・重篤者が病院の収容可能な人数を超えれば、

医療崩壊が起こる(助かる人も助からないという事態に陥いり、

また、コロナ以外で入院中の患者さんの治療もできなくなる)

今、緊急事態宣言が出されていることの理由は・・

有効な薬・ワクチンがないので、治療手段が確立してない。

(だから、薬やワクチンがないうちは、感染者の数を出来る限り抑えたい)

ワクチンと治療手段が確立すれば、

季節性インフルエンザの脅威とさほど変わらない。

 

ワクチンは1~2年後に、

特効薬は1年後くらいを目安に確立すると思われるが、

重傷者・重篤者・死者を出来る限り少なくするには、

医療崩壊が起こらない程度に感染者数を抑えなければならない。

 

ところで、ワクチンがいつ出てくるかによってかわってくるが、

1億2000万人(日本の人口)の3分の2にあたる8000万人が

感染してしまえば、事態は収束する。 (感染すること⇒免疫ができる)

だから、早ければ来年の今頃までにはおさまってる可能性はある。

 

ということは、少なくとも年内(7か月間)は自粛を続けていくことになる。

大人も子供も、ほとんど外出できない事態となれば、

どれほどのストレスとなるか?

既に、かなりのストレスとなっていると思われる。

 

狭い空間(家庭)の中でストレスがあると、人は怒りっぽくなる。

そのことがそのまま、家庭内DVに繋がる。

多くの人は、ストレスを回避するために何らかに依存するようになる。

子供はゲームへの依存度が増し、大人も平静の状態を維持するのが難しい。

家庭内で”危機状態”になることは時間の問題であり、既に始まっている。

 

経済的な不安がその”危機状態”に拍車をかける。

(経済的不安に対しては、政治的対処が不可欠になるのだが?)

 

4月15日現在、規制緩和を始めてる国も出てきている。

国によって状況(法律)も違えば生活習慣(慣習)も違う。

どのように規制緩和をしていくか? その”かじ取り”は難しい。

 

・・ 私見(データ的な根拠がない私の直感)であるが、

満員電車での感染はかなり少ないと思われる。

殆どの人がマスクをしている状況であれば、クラスターは起こりにくい。

「空気感染」や「飛沫感染」は少なく、

ほとんどの場合は「接触感染」であると思われる。

 

ある感染症の専門医が以下のように警告している・・

「自分の周囲はすべてペンキ塗りたてであると思えばよい」

「だから、何処かに触れば必ず手にはペンキが付着する」

「付着したペンキはしっかり落とさなければならない」

ペンキは色が付いておりベタベタするし、対処し易いが、

ウイルスは眼に見えないし、ベタつきもしない。

だから、細心の注意が必要である・・と。

 

ペンキのついた手で、目や口を触らない! (粘膜から侵入する)

誰かが触ったと思われるところは出来る限り触らない。

(既にペンキが付いている) 触ったら、すぐに手洗いする。

 

3蜜を回避するように言われているが、ちょっと違うような気がする。

意味(対処方法)を取り違えているのではないか!と思う。

満員電車では起こらず、ライブハウスなどで頻繁に起こるということは、

マスクなしでは空気感染も飛沫感染も起こるが、握手やトイレのドアノブとか、

ペンキ(ウイルス)の付いてるところを手で触ったり、

服に付いたペンキをそもまま持ち帰ったりしたことから起こる「接触感染」

である可能性がかなり高いと思われます。

 

頻繁に手洗いすること、手で顔などを触らないこと。

宅急便などが届いた際も、包装紙にはペンキが付いていると思った方が良いし、

中に入っているものはアルコール消毒して使った方が良いと思います。

誰かが触っていると思われるすべての物(箇所)には細心の注意を・・!

 

 

2020年5月26日において・・

 

大学入試について、秋から始まる「AO・推薦入試」が通常通り行われるのか?

コロナ第二波の発生と重ならない限り、無事行われる可能性が高い。

(来年、1~3月に行われるだろう共通テスト、一般入試に不安があるのなら、

「AO・推薦入試」で決めてしまうのが得策かもしれない。

 

共通テスト(の内容)そのものは、例年とさして変わらないと思われる。

(混乱期に混乱を招くような変更はしないと考えるのが妥当)

それよりも、1月の2週目にセンター入試が出来るのかどうか? 全く予測できない。

季節性インフルとコロナ第二波・三波が重なるようでは、入試どころか、

再度の緊急事態宣言にもなりかねない。

2月に始まる一般入試がどうなるのかも全く分からない。

また、「9月新学期案」も入試時期の混乱に拍車をかけている。

 

来年もしくは再来年に大学入試を経験する受験生にとって、

コロナ禍の混乱期に人生の大きな節目と思われる大学受験を経験することは、

不利・不平等・不公平も生じるだろうが、人生の糧としてもらいたい。

出来ることは、学力を付けておくことだけ・・

 

2020年6月10日において・・

共通テスト(大学入試センター試験)は1月16,17日に実施される。

一般入試が2月中旬以降になることも、例年通り。

緊急事態にならない限り、変更されないということでしょう。

 

・・・このページでは、コロナ禍の時系列 記録として ・・・

10月5日の時点で・・共通テストは1月16日、17日に実施されることに変更はない。

ただし、2次試験を実施しない大学が出てきた。

例えば、私立では早稲田大学、国公立では横浜国大など・・

 

コロナ感染が拡大する3月の時点で、いち早く休校宣言した早稲田大学。

この早稲田大学に追随する大学が今後、どれくらい増えるか?

受験生にとっては、かなりの不安材料となります。

共通テストだけで合否を決める大学が増えるとなると、一般入試が減ることは事実で、

それだけに、受験のチャンスが減り、受験生にとっての不安はつのります。

今後も、かなり流動的な状況となると思われ、入試情報にはチェックが欠かされません。

 

 

 

コロナ禍の教育体制はどのようになっていくのか?

 

2020.9.28において・・

 

ある学校で、 ワクチン接種を終えた子は授業に参加できるが、

終えてない子は、テレワークになるという。

このような”区別、差別、格差”をいつまで続けていこうとするのか?

この国は民主国家なのでワクチン接種義務はない。

30歳以下において、現在の変異ウイルスでも、

ワクチンを打つリスクよりも、

自然に感染した方が安全で確かな免疫を得られる・・と考える若者たちが出てくると思われる。

実際に、ワクチン接種を半年前から始めたイスラエルでは、

3回目の接種をしない若者が半数を超えるという現実がある。

・・ということは、第6波はこれまで以上の感染者が出るに違いない。

医療機関がパンクしないためには、重症者数が減れば良いことであるから、

このような”若者たちの判断”を責めることはできない。

 

ワクチンには有効期間があることから、

特効薬が出てこないことには、コロナ騒ぎは収まらない。

 

 

 

2020.5月8日の時点での考察から・・

緊急事態宣言は5月いっぱいで終わり、6月からは緩和されてくると思われる。

ただし、この緩和は地域によってかなり差が出てくると思われ、

新たな感染者がほぼ0に近い地域では、学校や会社など様々な制約はあろうが、

正常に(元の状態に近く)再開(解除)されてると思われる。

(岩手県など、感染者がいないところでは「3密」を避ける意味もない)

 

ところが、東京、大阪など都市部では新たな感染者0にはなりようがない。

(鎖国状態にすれば感染者0は達成できるかもしれないが、それは無理だから)

だから、学校や会社など密な状態を強いられるところでは、

4月、5月と非常事態宣言が続き、6月からは徐々に解除されていくと思われる。

 

学校の話に限定しますが・・

5月からは”通信教育”状態が続き、各都道府県の判断になるのでしょうが、

6月からは、1クラスの生徒を10人位に制限し、午前と午後に分けるとか、

3密を避ける態勢がしかれると思われる。

(公立・市立小学・中学は地元から通う子が殆どで、

たとえ、都市部であろうが5月から授業再開しても良いと思う。

ただし、私立では電車・バスなどの交通機関を使って通ってくる子が多いので、

5月からの授業は見送った方が良いと思います)。

 

それでは、7月、8月はどうなるのでしょう。

クーラーが効いてる学校では、

6月と同様な態勢で授業が続けられるかもしれない。

ケーラーがない学校では熱射病が懸念され、8月の授業は無理でしょう。

(それらの状況に備え、行政はクーラーの無料支給を考えているかもしれない)

 

現状から察して、特効薬はなさそうだし、ワクチンは来年の話し。

悲観的でなく、普通に考えても、年内は通常授業には戻りません。

(60~70%の人たちが免疫を持つ状態になるには、

来年の春くらいまでの時間が必要)

 

また、今年からではなく、来年から9月を新学期にする話は、

たぶん実現すると思われる(また、そうしないといけない)。

ここで問題なのは、入学試験の時期ですね・・

今の高校3年生の大学受験は、これから14か月(1年2か月)後の

6月から7月になるわけですから、入試は通常より半年伸びることになります。

小学中学受験もすべて同様です。

 

また、入学式を9月にすれば、

(4,5,6月ごろ)に計画出産したご両親にとって、

”当てが外れた”ことになります。

 

 

・・・・ テレビなどではほとんど伝えられてないコロナ禍の実情 ・・・・

感染しても、他の人に感染させる人たちの割合は5人に1人(20%)。

…この事実は、報道されてるが、その5人に1人がどういう人か?

ということは伝えられてない。

感染した若者のほとんどが、他人へ移さない(感染力を持たない)。

感染力を持つ人たちのほとんどは老人なのです。

(最近のデータから分かってきたこと)

 

老人に感染させないようにしないと、感染すると死んじゃうよ・・

と言うのは真実なのですが、それより重要なことは、

老人が感染すると感染力が非常に強い、周囲に危険ということです。

だから、老人に感染させないようにすることが最も重要な課題で、

逆に言えば、老人の新規感染者を抑え込めば

事態は確実に収拾に向かうということです。

 

なぜ、報道しないのだろうか?真実を明かさないのだろうか?

と思うことが他にもあります・・・

感染者の国籍が公表されてないこと。

(病院関係者の証言では、かなりの数の外国人がいること)。

その理由は、ある種の差別につながるから‥ということでしょうが、

自粛と言えば聞こえはよいが、立派な人権侵害をしている以上、

具体的な数字を出して、

客観性のある根拠を(行政)には説明する義務があります。

 

危機感を煽れば煽るほど視聴率が上がるという悪循環を起こしてるマスコミも、

そろそろ、気付いた方が良いと思いますね。 

視聴者はその報道に飽きてます。

飽きているということは、視聴者はその報道に疑いを持ち始めたということ。

 

重要なのは、基礎疾患のある人は出来る限り感染しないようにすること・・

周囲も移さないようにすること。

感染から老人を守ること・・「死んじゃうかもしれない」と言うことと

「感染すると感染力が非常に強く、感染源の多くは老人であるという事実」。

60歳以下の人達は、感染しても鼻かぜ程度のことであり、

また、感染させることもほとんどないので普段通りの生活で問題ないこと。

ドイツなどで緩和が進んでいる理由は、

このような事実に基づいているからだと思います。

 

 

2020.5月24日・・・コロナ禍における緊急事態宣言の解除(段階的緩和)。

 

小学・中学では、どのような授業体制がしかれるか?

公立校と私立校ではかなりの差があって然るべきだと考えてます。

なぜなら、公立校(区立、市立)ならば、徒歩による登校であり、

私立校生の多くは交通機関を利用してます。

(電車・バスなど混雑の原因となる)

公立校(区立、市立)の場合は、1クラス10名程度にする必要はあるが、

全面的に授業を再開してよいと思われます。

私立校ではテレワークを利用する授業形式が続けられるかもしれない。

 

このように、9月入学制度に代わることと同様、様々な不平等が起こり得る。

緊急事態下であれば、国民生活の安全と安定が最優先されることであり、

不平等は、その後に是正すれば良いことだと思われます。

 

 

2020.7月20日の状況から・・

 

新型コロナ感染者数の増加は、第一波の4月の状況と酷似している。

ただし、重傷者・死者数はかなり少ない。

この状況をどう判断するか?で、国と地方行政の見解の違いが顕著である。

都知事は、個人事業者の破綻、失業者の増加よりも

感染者数を抑え込むことを最優先している。

国は、重傷者・死者数は著しく増えない限り、経済活動を優先しようとしている。

 

このような事態は、日本だけでなく海外でも同様な経過を追っているところが多い。

問題なのは、「安全なワクチン」がいつできるのか?

基礎疾患のあるもの、高齢者に行き渡るのはいつになるのか?

この安全でより長期間の抗体を維持できるようなワクチンが確立されれば、

季節性インフルよりは新型コロナの方が毒性は低いとも考えられる。

ただし、その副作用の問題は残るが・・

 

 

124208617_731060170831117_3329978250823197981_n.jpg

 

2020.8月7日時点において・・・ 

既に私の中ではコロナは終わりにしたい。

先月7月のコロナによる死者は3人。

年間の肺炎による死者はおよそ一万人に及ぶ。

数年後のデータで分かることとは思いますが、

コロナで亡くなった人よりも、コロナの脅威からのストレスで亡くなる方の方が、

ずっと多くなることは顕か。

このまま感染が増えたとしても、ワクチンが出てくればいずれ収束する。

老人にとって、それまでに感染する確率は千分の一、重篤化するのはその十分の一。

それらを総合すると、コロナで命を落とす老人は一万分の一ということになる。

 

これまで通り、マスクをし、手洗いに気を付け、

感染を広げないように努めることは当然ですが、

必要以上の心配はしない、そして、いかにしてストレスを回避するか?

 

それが、これからの私の課題です。