親御さんに尋ねたいことがあります・・

親御さんに尋ねたいことがあります・・・

 

 

予め、”結論”を見つけて、

 

”ああすれば、こうなる”と言うような方法論ばかりを探ってませんか?

 

AI時代の到来とかコロナ禍での混乱で、

 

想定したい結論でさえ、見つけられないでいる。

 

そういう現実の中で、”混迷”してませんか?

 

 

そもそも、壮大な自然の中で一人の人間というものは、

 

限りなくし小さなもので、なるようにしか、なりません。

 

このような考え方は、決して悲観的でもなく、投げやりな考え方でもありません。

 

ごく当たり前の”自然な考え方”です。

 

 

去年、小学1年生になった子は、2年生になっても相変わらずマスクをし、

 

給食も周りと喋らず、黙々と食べている現実を知れば、

 

子供たちが可哀そう・・と思うことは当然ですが、

 

子供たちからすれば、”当然な現実”であり、それを受け入れてます。

 

このような事実を大人が可哀そう・・と思うことは

 

”大人側の勝手な感傷”じゃないですか?

 

食べるものはあるのですから、それで十分じゃないんですか・・

 

 

東北大震災では、多数の命が奪われ、疎開者も多く出し、

 

未だに、食品の安全基準の問題が残ってますし、

 

東北地方からの食料品輸入を制限している国は現在も多くあります。

 

大自然の中では、人はほとんど無力ですが、それでも何とかなってます。

 

 

 

話を元に戻しましょう・・・

 

結論を想定し、それに向かって方法論を探る・・

 

・・このような思考は、もっとも合理的だとは思いますが、

 

それによって、”幸せ”は得られるのでしょうか?

 

親御さん自身が現在”幸せ”でしょうか?

 

 

人には、子供の頃から、ああしたい、こうありたい・・という欲求があります。

 

(子供側の)このような欲求を大人側の勝手な思考で潰してませんか?

 

 

人生、100年の時代です。

 

大震災や今回のコロナ禍のように、想定できないことはいくらでも起こりえます。

 

そんな時にも、焦ったり驚かないために、

 

普段から、ある日突然、どうにもならないことが生じる・・

 

それらに対処しようもない・・なるようにしかならない。

 

ということを受け入れることだと思います。

 

 

この国には、資源はありませんが、

 

他の国にはない高度な技術やノウハウがあります。

 

文化的にはもちろん、自然が豊かなことです。

 

西洋的な「目的があって、それに向かう方法論を展開する」という思考は、

 

この国には、そぐわない様に思えてなりません。

 

 

なるようにしかならない、裏を反せば、なるようになる・・ことで、

 

この国では古来から現在に至るまで、これからの未来も、

 

十分やっていけるのではないか・・と思ってます。

 

自然も文化も人も・・豊かなのですから。

 

 

 

 

 

 

幼少時の幸せが大切な理由・・・

 

 

人間が、幼少時に可愛がられて育てられたことがどれほど大切なことか。

 

また、虐待されたことがどれほと悲惨なことになるか・・

 

 

幼少時にどのように育てられようが、

 

押しなべて言えば、様々な試練や不幸・苦痛には同様に遭遇する。

 

幼少時、大切に育てられ、「幸せ」を体感できた子は、

 

その後に起こるだろう様々な試練や不幸にもポジティブに対応できると言われる。

 

・・幸せを取り戻そうとするからだろう。

 

 

ところが、幼少時、「幸せ」を知らずに、味わえずに育てば、

 

その後に起こるだろう不幸せに対処することが難しいだけでなく、

 

生まれてからずっと続いてきた不幸せを耐えるのではなく、

 

断ち切ろうとするネガティブな思考が働く。

 

その不幸せを断ち切ろうとする行為が「自殺」に繋がると考えられる。

 

 

愛されて育った者は、愛され方を知っており、

 

また、自分を愛してくれる者への応え方も自然に身に付いている。

 

・・ここに、スムーズな恋愛(人間)関係も成立する。

 

 

ところが、愛されたことを知らない者、愛される実感を得られないまま育てば、

 

自分を愛してくれる者への応え方が分からない・・

 

過去(幼少時)に愛される経験がなければ、その愛にも気付かない。

 

愛されることがどのようなことか分からないからどろう。

 

このような状況においては、恋愛(人間)関係はぎくしゃくすることになる。

 

 

先日、俳優の草刈正雄さんが語っていたことだが・・・

 

「自分は父親の顔を知らずに育ったので、自分が父親になることに、不安があり、

 

どのように子供に接するかが分からなかった」と。

 

・・・このようなことは”負の連鎖”の一例に過ぎないだろうが。

 

 

 

・・・あなたの命はあなたのものではない・・・

 

 

人はいつしか生まれ、その後活動し、やがてこの世を去っていく。

 

去っていくというよりも、土に戻る。

 

人が生まれてくるのは、自分の意志とは関係なくこの世に誕生し、

 

やがて、自分の意志には関係なく、この世を去ることになる。

 

 

 

 

自分が所有するものをどうしようがそれは自分の勝手であるが、

 

命だけは自分の所有物じゃない、だから、勝手に終わらせてはならない。

 

 

最近、その理由がよく解らない”芸能人”が自殺するが、

 

彼ら・彼女らは、命は自分のものだと思っているような気がしてならない。

 

芸能人に限らず、若者の死因は一番が自殺である。

 

いじめなどが原因して自殺するケースもあろうが、

 

原因がよく解らない自殺も多いように思う。

 

 

私の命である限り、

 

それをいつ終わらせようと私の勝手であると考えているのだろうか。

 

後に残された遺族(特に両親)がどれだけ悲しむかを考えているのだろうか。