大学受験科目選択

大学受験に際する科目選択はとても重要です。

 

中高一貫校の場合では・・

 

中学2年を終えた段階で、その生徒の(お勧めの)入試科目選択が分かる。

数学と理科が苦手であれば、文系私立大を受験することが普通です。

入試科目は、多くても英語、国語、社会の3科目に絞られます。

国語と社会が苦手であれば、理系私立大の受験を勧めます。

 

ただし、苦手教科のない生徒はいないので、”苦手の程度”にもよります。

国公立・有名私立大では、

文系では、英語、数学(数2・Bまで)国語、理科、社会(場合により2科目)。

理系では、英語、数学(数3・Cまで)国語、理科(場合により2科目)、社会。

2020年より、大学入試制度が変わるので、現時点ではコメントできません。

統一テスト(?)の比重をかなり高めようとしてますが、

上位国立大・有名私立大では、文部省の方針へ異議を唱えているようで、

今後のニュースは気になります。

 統一テスト(?)の結果だけで、入学できる大学が増えることは事実でしょう。

上位国立大・有名私立大での2次試験は存続すると思われます。

 

例えば、理数系が不得意であっても、数学(数1・A)までなら、

また、理科なら、生物か化学なら何とかなるのであれば、

国公立・有名私立を勧めます。

なぜなら、科目数を増やした方が、競争相手が減る。

より多く科目を入試レベルまで習得していた方が、

常識力がアップし、社会人となってからも有利に働く。

 

同様に、国語や社会が苦手であっても、

歴史や政経は難しくとも、地理なら何とかなることもある。

理系私立大への受験では、英語、数学、生物・化学・物理の中から多くても2科目。

 

ここで、最も大切なことは、英語がない入試はないこと。

私立文系なら、全体の40%、私立理系では30%位を占める。

 

 

 

 アクセス どんな塾ですか? 指導内容 定期テスト対策 家で勉強しない子 費用・月謝