勉強方法が分からない

勉強の仕方が分からない・・という相談を受けることが多い。

 

例えば、社会の勉強方法が分からないという相談。

① ノートをしっかり取っているか?

できれば、黒板に書かれたことだけでなく、

先生が喋ったことまで、記しておくとよい。

 

② ここからが肝心・・

家の帰ったら、そのノートを開け、10分でよいから

その日、学校で習ったことを反復する。

 

③ 土曜日曜に、その週に習ったことをノートを見ながら確認する。

 

①の行為はたいていの生徒が普通に行っている。

大切なのは②の行為で、これだけのことで、

50点の生徒は65~70点とれるようになる。

③の行為までしっかりやれれば、50点は80点までになる。

 

②の行為によってその日学習した内容の80%位は定着する。

③の行為によって、(最初に学習した内容の)50%は記憶できることになる。

 

それでは、②と③の行為を怠るとどのような事態となるか?考えてみよう!

定期テスト1週間前から勉強し始めたとする。

一カ月から二カ月前にとったノートを開けることになる。

その内容は、ほとんど忘れているので、初めて見ることと同じで、

ノートを頼りに理解することになる。

歴史においては、字面だけ覚えるだけで、その時代背景などは思い出せない。

穴埋めの問題は出来ても、記述問題はほとんどできない。

そして、何よりも、理解できていないことを覚えることは難しい。

 

このような方法で定期テスト対策をしても、せいぜい平均点が取れるくらい。

80点以上の得点は無理です。

理科でも同様なことが起こっている・・

その日の夜、または数日後までに反復しないと、理解した筋道までも忘れてしまう。

理科や社会を暗記科目と思ってる生徒は多いが、

実のところ、理解できないことは覚えられないし、興味も湧かない。

 

 

 

例えば、最近の事件では・・

日産・ルノーの元CEOでレバノンに逃亡したゴーン氏の件について。

地理・歴史・政治経済など社会科の全てがリンクしているので「例」としては興味深い。

 

先ずは、彼の生い立ちから・・レバノンに生まれたが、その当時は内戦で政情が悪く、

ブラジルに移民することになる(現在のレバノンの人口より、移民した人口が多い)

大学時代から、フランスに留学し、その後、出世コースを歩むことになる。

 

 

宗教的な問題・・イスラム教徒が50%、キリスト教徒が40%、その他10%。

このデータだけを見ても、長らく内乱が治まらなかったことは十分に想像できる。

 

もともと、フランスの植民地であったことから、(公用語はアラビア語であるが)、

フランス語、英語を流暢に話すものが多い(だから、ゴーン氏はフランスに留学)。

 

それでは、地理的条件は・・

古代では、フェニキア人によって商業が栄えた。

地中海性気候で、緑豊かで観光地として栄えたこともあったが、

内戦が続き、荒廃していった。

また、現在は、シリアとイスラエルに挟まれ、小国(面積は岐阜県くらい)であり、

常に、政情は不安定となっている。

 

日本とレバノンの間には、犯罪者・容疑者の引き渡しが出来る条約がない。

したがって、日本政府は、ゴーン被告の引き渡しを要求できない。

 

日本とその他多くの先進国における「法律」と「検察」の在り方について、

その解釈に(根本的な)隔たりがあり、

日本の在り方は、海外から批判の対象にもなっている。

 

法律とは、本来、「人を守るため」にあるのであって、

「裁くため」にあるのではない。

検察とは、真相を検証する機関であって、”ホシ”をあげる機関ではない。

  ・・・ 以上は、国際的常識。

 

この件について、ゴーン被告は甚だ不信感を抱いている(当然であるが)

海外では、日本の司法の在り方に根本的原因があると考えるメディアが多い。

 

 

  ・・・・ まとめ ・・・・

 

勉強には特別な方法があるわけではない。

 

一度授業で学んだことをどれだけ定着できるか? このことに尽きる!

 

それには、その日の内に復習する、そして、1週間後にも復習を重ねる。

自宅学習のほとんどの時間を復習に使うこと!

数学の今進んでいる箇所を問題集で解くことも復習になる

 

 

ユーチューブやゲームに使う時間を「復習」に使えば、

平均点50点の人が平均点70点になることは確約できる!