どんな塾ですか?

学校帰りに寄って、苦手教科を克服

 

解らない宿題を家に持ち帰らない。

 

学校帰りに寄って、塾講師の指導に沿って、宿題をすませる。

 

出来れば、次に進む分野を予習する。

 

数学が苦手であれば、週2回または週3回通うことで克服できる。

 

数学に1時間半~2時間、理科や英語の指導も同時に受けられる。

 

週2回以上の指導で申し込めば、定期テスト1週間前から連日受講できる。

 

全ての教科が受講でき、4:00~9:00までの5時間を自由に使える。

 

 

「どんな塾ですか?」

 

 

これからの教育の多様性に合わせる指導をしていきます。

 

学校の指導体制の多様化が進んでます。

 

注目すべきは、公立中学で”画期的な未来の学校の在り方”を実践し始めていること。

 

未来(既に現在)を見据えた指導体制を敷いてます。

 

”健康で真面目で人並みにあればよい”とう時代は過ぎました。

 

健康で真面目であることは最も大切ですが、

 

人並みであっても良い条件での就職(働く場所)はありません。

 

 

「通ってくる生徒について・・」

 

小学1年生から大学受験生まで通ってきます。

 

小学低学年では、学習習慣を付けるために通ってきます。

 

1回の指導時間は1時間半~2時間半くらいです。

 

(4時に来塾すれば、9時まで指導を受けられますが、

 

小学生でも低学年では2時間半が限度です)

 

 

 

小学高学年になると様々な”設定”があります。

 

 

① 大学まで続く内部進学生の場合は、基礎学力をしっかり付けておくこと。

 

(中学から高校にかけて、学習内容のレベルアップがあり、

 

進度に付いていけなくなることがあります)

 

 

② レベルの高い中高一貫校を受験する場合。

 

受験準備は遅くとも4年生から始めます。

 

5年生になるころには、中学受験に向いている子かどうか?

 

おおよそ、分かりますから、両親にアドバイスすることになります。

 

受験に向いている子かどうか? (無理な受験は勧めません)

 

 

③ 普通レベルの(中学から大学まで続く)中学受験生。

 

歴史と伝統ある個性的な学校への受験です。

 

(学区内の区立中学に通わせることに不安がある場合です)

 

この傾向は、女子を持つ親御さんに多くあります。

 

 

④ 区立中・市立中(公立)に上がることが前提であり、

 

よりレベルの高い都立高受験を考えている場合です。

 

 

⑤ お稽古ごとに通う感覚で通ってくる小学生も多くいます。

 

(親が、自由な子に育てば?と考えているのでしょう)

 

最近では、このような生徒(親)が増えてきたように思います。

 

(偏差値を上げることが”幸せ”に結びつくとは考えていない)

 

 

「中学生・高校生では・・」

 

 

① 大学までの内部進学に備え、後れを取らないように、

 

学校の予習復習と「定期テスト対策」に備える。

 

 

② レベルの高い中高一貫校に通っているが・・

 

学校の進度、カリキュラムに付いていけない場合は、

 

学校帰りに寄り、その日の宿題を済ませ、全教科を対象に

 

復習を中心とする。

 

 

また、成績はそこそこ良いが、上位にいないと有名大学への

 

合格は難しいと考え、苦手教科の対策と、

 

(一般受験を考えていることから)応用力アップを図る。

 

 

③ レベルの高い中高に通う内部進学生。

 

当塾では、このケースが最も多い。

 

高校では、赤点を取ると進級できないケース、

 

他校への転校を進められるケースもあり、

 

「定期テスト対策」と「休み明けテスト対策」が全てです。

 

 

また、大学進学できても、成績順に希望学部へ

 

行けるようになっており、上位にいることが必須となる。

 

 

また、希望学部が大学にない場合、他大受験も視野に入れている。

 

 

④ 中学入試では偏差値55前後の普通レベルの進学校に通う。

 

成績上位(平均評定4.5以上)であれば、指定校推薦が取れる。

 

当塾の2020年度の卒業生では、5名全員が指定校推薦で大学入学しました。

 

彼ら彼女らの平均評定は4.6~4.8でした。

 

 

この場合の、平均評定4.5以上をキープするには、

 

全教科を対象とした指導をします。

 

定期テスト前には、必要とあれば、音楽・美術なども指導します。

 

 

⑤ 区立中・市立中(公立)に通う生徒の多くは、

 

都立高受験を前提としており、併願校などを添えて、

 

受験対策が主になる。

 

内申書が300点、当日点が700点の1000点満点が

 

都立高では課されるので、内申点と学力アップ両方を

 

視野に入れて、指導していく。

 

 

公立校のレベルアップが顕著になり、

 

さほどレベルの高くない私立に通うなら、

 

区立中・市立中(公立)に通い、

 

都立・公立受験にかける生徒が増えつつある。