どんな塾ですか?

学校帰りに寄って、苦手教科を克服

 

解らない宿題を家に持ち帰らない。

 

学校帰りに寄って、塾講師の指導に沿って、宿題をすませる。

 

出来れば、次に進む分野を予習する。

 

数学が苦手であれば、週2回または週3回通うことで克服できる。

 

数学に1時間半~2時間、理科や英語の指導も同時に受けられる。

 

週2回以上の指導で申し込めば、定期テスト1週間前から連日受講できる。

 

全ての教科が受講でき、4:00~9:00までの5時間を自由に使える。

 

 

「どんな塾ですか?」

 

これからの教育の多様性に合わせる指導をしていきます。

学校の指導体制の多様化が進んでます。

注目すべきは、公立中学で”画期的な未来の学校の在り方”を実践し始めていること。

 

未来(既に現在)を見据えた指導体制を敷いてます。

”健康で真面目で人並みにあればよい”とう時代は過ぎました。

健康で真面目であることは最も大切ですが、

人並みであっても良い条件での就職(働く場所)はありません。