指導内容

・・・ 指導内容 ・・・

 

小学1年生から大学受験生までを対象としてます。

小学低学年では、基礎学力の充実のために通ってくることは確かですが、その子が中学受験に向いているかどうか?を知るために親御さんが通わせるケースがあります。また、既に名門私立校に在学してるのであれば、大学進学のために後れを取らないように通ってくる子供たちもいます。

 

小学高学年ともなれば、区立小に通いながら中学受験を控えている子もいれば、中学受験はせず、高校入試までを考慮し、算数・英語・国語を主に勉強する子もいます。

 

 (参考)小学生の場合、成長過程において個々の差異が顕著で、中学受験に向く子と向かない子がいることは確かです。 ご両親にとっては、我が子となれば客観性を持てず、第三者の的確な意見を聞きたいと思うのはしごく当然のことと思われます。 過酷な偏差値争い(競争)に向く子は20%位でしょう。 ただ、近場の区立中学には通わせたくない・・と考える親御さんもいます。この場合は、その子に相応しい私立中学に入れてあげることが望まれます。 最も注意が必要なことは、中学受験に向かない子を(親の意向で)半強制的に子供に「受験」をさせた場合、目指した中学へ合格できれば良いのですが、滑り止め程度の中高一貫校へ進学することになった場合、中学1年生の後半から2年生の後半にかけて、反抗期と重なることもあって、全く勉強をせず、部活も中途半端になり、ゲームで時間を潰すような(親にとっては)最悪の事態を招くこともあります。 このようなケースで来塾された場合、(当塾としては)成績を上げることは当然として、先ずは、気持ちの立て直しを図ることから始めます(この気持ちを立て直すことが成績を上げることよりもずっと難しいことなのです)。 (受験戦争という)時流にのせられないようにしましょう。我が子を無理な競争に参加させない・・という選択肢があることも知っておきましょう。

 

 (提案)区立小学高学年において困ることは、受験しないで呑気しててよい子と、受験に向けて猛烈に勉強する子に二分されてしまうことです。 受験しないで呑気にしてて良いか?と言えば、そんなことはなく、受験しない子には(当塾では)英語の本格的な指導を加えていきます。 英検4級、出来れば3級を目指すような指導をしていきます

 

中学生の場合・・・区立では、今話題となってる「桜丘中学校」を紹介します。 校則というものが存在しないこと(自主性を重んじる)。 授業中は必ずしも教室にいなくともよい・・とか。 従来の学校の在り方が根底から覆されていることです。 私立校で始まったことであれば分かるのですが、公立校でそんなことが出来るのか!?という驚きがあります。 生徒はもちろん、親や地域の協力(理解)なしには存続できないことと思います。 皆で応援しましょう!この新しい流れを。 (参照)個性化する都立高

 

6年制進学校中高一貫校は、呼び名は違えどほぼ同じ学校を指していると思われる。 中2までに中学範囲を終わらせ、中3より高校範囲の勉強をさせる。高1までに高校範囲のおおよそは済ませ、高2より理系と文系に分け、予備校同様な受験体制に入る。 このようなカリキュラムを踏めば、大学進学にはかなり有利に働きます。 それでも、ここには2つの問題点が生じます。中学高校範囲のおおよそを終わらせることには、生徒にかなりの無理を強いることになります。 当然、着いていけない子を多く出します。 それから、このように短期間に難易度の高い内容をすませるためには、教える側の先生のスキル面が大きくかかわってきます。 生徒のノートや先生の出す宿題やプリントを見るとき、何でこんな無茶なことをするのだろうか!?という(生徒への)同情さへ覚えることもあります。 良い先生に当たれば良いのですが、そうでない先生に当たるとひどいことになります。 また、優れた先生は上位のクラスを受け持ち、そうでない先生は中位・下位のクラスを受け持ちます。 有名・一流大学へ何名合格したか?という「成果」が最優先されているからだと思われます。

 

個々の学力に合わせて、その生徒だけのカリキュラムで進めていきます。

 学年も違えば、通ってくる学校も様々です。その生徒一人一人に合わせた指導になります。

 

指導科目はすべての科目を対象・・英語、数学(算数)、物理、化学、生物、古典など・・

 主要5科目は当然として、定期テスト前には、副教科(音楽・保険体育・美術・技術・家庭科)などの質問にも応じることもあります。

 

指導時間は最大5時間(4:00~9:00)あり、この時間内は全ての教科の指導が可能です

また、学校帰りに寄る生徒が多いことから、(例)5:00に来塾し、8:30位に帰宅するケースが多くあります。

その間は、数学、英語、理科など複数教科の指導も可能です。

 

 

 

 

アクセス どんな塾ですか? 指導内容 定期テスト対策 家で勉強しない子 費用・月謝