6年制進学校

中学から高校へと繋がる大学受験には最も有利と思われる6年制進学校について・・

 中高一貫校とも言います。

 

元々は、文武両道を目指す男子校、教養を身に付けるための女子高が多くありました。

・・・昭和の時代から。

 

 

ところが、鷗友学園のような有名進学校へと変身を遂げた女子高もあり、

渋谷教育学園渋谷のように、共学校として躍進した私立校もあります。

有名私立校の特徴として、医学部進学・海外留学が多いこと。

最も優秀な生徒は、医学部進学であり、(アメリカなどへの)海外留学を目指します。

その後に、東大・早慶進学などが続きます。

 

 

次に続くのが、立教・青学・成蹊など名門大学の付属校でかつ、(外部受験の多い)進学校です。 6年制進学校ではありませんが、国立校・早慶などの滑り止めとして入学した生徒も多く、外部受験が多くなります。 また、医療系に進学するためには外部受験しかないわけですね。

 

 

日本女子大付属では、キャンパスが都心へ移ることもあり、内部進学生も多くいますが、AO入試・外部進学生もいます。

 

 

都市大付属、農大一校は文武両道として知られる男子校・共学校です。

学力別にクラス分けされているので、上位のクラスでないと有名大学への進学は望めません。 カリキュラムのレベルが高く、授業についていくことが難しいこともあり、

塾生にとって」学校帰りに宿題をすませるために寄る生徒が多くいます。

多くの生徒は、数学・生物・化学・物理・英語などの指導を受けてます。

 

 

アクセス どんな塾ですか? 指導内容 定期テスト対策 家で勉強しない子 費用・月謝