絵本の読み聞かせ

 

「絵本の読み聞かせ」の大切さについて・・

家庭環境の問題から、

親が子供に絵本の読み聞かせをする習慣があるかどうか・・

この読み聞かせを習慣づけることは、

子供がその後どれくらい読書するようになるかの決め手となる。

それには先ず、親が読書の習慣があること、

すなわち家庭環境によって子供が読書する習慣は決まるということですね。

(親がしないことは子供もしません)

 

経済的事情なども色々とあるとは思いますが、

小学3年生位までは、

出来ることなら母親(父親でもよい)がしっかり子育てできる環境が必要です。

大切な我が子ですから、小学校に上がるくらいまでは、

子供に寄り添って絵本の読み聞かせを習慣化することですね。

 

小学校に上がる時期には、自分で進んで本を読むようになります。

(親子で、ゲームで競っているようでは、本を読む子にはならないでしょう)

その後は、親のやることは、子供の夢中になる本(漫画)を選ぶ手伝いですね。

冒険、探偵、生物系など・・様々なジャンルがありますから、

親子で、図書館通いが出来るようなことになればよいですね。

 

あえて、受験のための国語力の話は止めておきましょう(言うまでもないことですから)。

 

「絵本のもたらす効果」について・・

絵本というと、”文系のこと”ばかりになりそうですが、

実のところ、「理数系への興味を導く入り口」となると言われてます。

例えば、「消化の仕組み」を絵本を基にして学んでいくとします・・

食べ物を口に入れて、歯で噛み砕き、食堂を通って、胃にないります。

胃ではどのようなことがなされているか?を図解してます。

このような仕組みを絵で見ることが出来るとなると、

理科的な興味に導く入り口となり、同時に「言葉」を覚えるきっかけにもなります。

大切なことは・・

”この世にはいかに興味深いことが多いか”を子供に知らせることなのですね。

 

オススメ絵本・・

いつ頃から発売されているのでしょう・・名作「はははのはなし」

「ぐりとぐら」なかがわ りえこ・作/おおむら ゆりこ・絵

「ぽっかりライトせんせい」

「いっぺんやってみたかってん」