好奇心と忍耐力

子供にとって大切なのは、好奇心忍耐力

成績が伸びる子、伸びない子にはどこに違いがあるのか?

 

好奇心が旺盛であること。

元々、子供は好奇心が様々なものに向く。

そして、様々な行動に出る。

 

その時、親が注意することは・・

「人が困るようなこと、迷惑になることはしてはいけない!」

と厳しく躾けることだけでよいと思います。

出来れば、「人を楽しませること、喜ばせることをしよう!」

と、フォローしましょう。

 

好奇心旺盛な子供の芽を摘まないようにしましょう。

大人が面白いと思うようなことは、

概して、子供にとってはつまらないことも多い。

”大人目線”で子供に干渉しないようにしましょう。

危険なことや人迷惑になることをさせないようにすることだけで

十分だと思います。 

 

重要なのは忍耐力のある子供にすること。

頑張りのきく子供であること。

 

それには、どのように子供に接するか?

両親の役割はとっても重要です。

時間がかかっても良いので、出来る限り自力でやり切るように促す。

出来た時は、目いっぱい褒めてあげること!

(大人になっても同じですが)褒められると頑張ります。

そして、途中で諦めたり、投げ出したりしないようになります。

そういうことを日々続けていくと良いと思います。

 

来塾して、成績が伸びる子と伸びない子がいます。

伸びる子は、好奇心が旺盛で、忍耐力があります。

 

未来を見据えて・・

ロジカルな思考と、それから得られることを基盤にして、

ロジカルな出力が求められる・・・というのが現代の教育の在り方。

この在り方は正しいのだが、未来は?となると、楽観的にはなれない。

なぜなら、これらのロジカルな思考と出力の多くはAIの得意分野。

人として、良き教養人とはなれるが、社会的に活躍する人に成れるか?

と、言われれば、たぶん、「いらない人」になりそうな気がしてならない。

だから、未来に必要とされる人は、好奇心が旺盛で忍耐強い人ということになる。