数学が苦手

 数学の進み方についていけない

 

 

(1)中高一貫校に通うケース

 

学校で使うテキストが難しい。

中学生の学習範囲を中学2年生までに終わり、

中3から高校分野(数学1&A)を履修。

 

(対策)大学受験を文型でするなら、

AとB問題を中心に進め、C(発展問題)は外す。

今日、学校で進んだ範囲を復習し、学校のテキストを使いながらAとB問題レベルの問題を中心に解く。

余裕があるなら、次に進む箇所の予習をする。

いずれにしても、当塾では学校の進度に合わせた指導に専念する。

 

 

(2)内部進学の場合

 

小学校時から算数が苦手な場合は、少数・分数の計算から復習する必要がある。

有名私立大学に繋がる内部進学では、学習内容も難しく、高校からは必須科目が赤点になると進級できない。

また、英検準2級を取得してない場合、平均内申点が2.6以上を満たしてなければ大学進学は出来ない。

たとえ、内部進学できても、内申が低ければ、希望の学部・学科へは進めない。

 

(対策)先ずは、生徒一人一人の進度に合わせ、内申点のアップを図る。

定期テスト対策を中心に進め、休み明けテストなども内申点に加算されるので、注意が必要!

 

 

(3) 小学生の場合

 

小学校低学年では、公文式のトレーニングは効果的だと考えます。

計算を正確に速くこなす習慣が付きます。 これは、算数・数学の基本です。

考える力はその後のことになります。

 

算数の得意な子は、普段の字は上手でなくても、数字だけは読みやすい字を書きます。

このことは、図形が得意な子は、図を描くのが上手なことと同じです。

 

受験期となれば、○○算という文章題に直面します。

その多くは「比」で解決することが出来ます。

基本問題レベルは考える力をつけるために非常に役に立ちますが、

難問にまで取り組む意味が分かりません。

方程式を習えばすべて解決できるからです。

 

 

 

(4)中学生の場合

 

代数分野は、正の数負の数、文字式と方程式・不等式、関数。 

幾何的分野は、角度、合同、相似、三平方の定理、平面・立体図形、円の性質など。

その他では、確率と資料など。

 

 

(5)高校生の場合

 

代数の得意な子は図形が苦手なケースもありますが、

高校分野の数学は、方程式と関数の占める割合が高く、

図形が苦手であっても、さほど困ることはありません。

 

中学・高校を通して、計算間違いが多く、代数が苦手な子は苦労します。

 

 

 

 

 

   ・・・ 数学が得意になるために ・・・

 

 

数学こそ、暗記科目であると心得るべし!

 

もちろん、理解することが基本であるが、例題の解き方をすべて覚えてしまう。

出題される問題は、その例題の数字違いと思えればよい。

高校範囲での数学は、例題の数にして300題くらいに絞れる。

それらを解答の書き方も含めて、覚え、自分のものとしてしまう。

 

解答の書き方をそのまま真似をして覚えることは、記述式テストに有効である。

 

模試や難関校の受験であれば、(例題で覚えた)自分の記憶の範囲を超える出題もあるだろうが、どのようなテストであれ、70%を超えれば合格できる。 定期テスト対策であれ、受験のためであれ、「例題を記憶する」ことだけでよいと考えている。

 

 

 

 

 

 

アクセス どんな塾ですか? 指導内容 定期テスト対策 家で勉強しない子 費用・月謝