算数が苦手な理由

人は何事にも、得手不得手はあります。

足は速いが、算数の計算は苦手で遅いとか・・

 

ただ、算数と国語(英語)はツールとしてとても重要であり、

避けては通れません。

 

それでは、算数がが苦手というのは

どのような過程を通して起こってくるのか?

先天的に数を扱うのが苦手ということはあるかもしれませんが、

苦手であれば、トレーニングでカバーしていかなければなりません。

「公文式」はその上でかなり有効な手段であると思われます。

「計算テキスト」というものがあって、繰り返しトレーニングすることです。

小学低学年では、3+5=8 ですが、

この計算を手の指を使って確認することから始めるわけですが、

いつまでたっても、指を使わないとこの計算が出来ない子がいます。

足し算だけでなく、引き算も同様に指を使います。

 

 

先ずは、指を使わずに「頭の中で」計算できるように指導します。

繰り返し、やらせてみることです。

それは一通りできるようになったら、5+8の計算をさせましょう。

この繰り上がる計算も、最初は指を使わないと出来ないと思います。

これも「頭の中で」計算できるまで繰り返し、出題してあげるようにしましょう。

 

子供がどのような手段でできるか?ここでも、多様性があります。

5+8=5+5+3=13 とする子もいますし、

5+8=13 と九九を覚えるように、記憶してしまう子もいます。

   ・・・ この、1桁同士の数の繰り上がる計算は

 

九九同様に覚えさせてしまうことが良いと思います。

5+5=10 5+6=11 5+7=12 というように。

9+8=17 9+9=18 9+10=19 というように

一桁と二桁の足し算にも応用がききます。

 

 

この足し算・引き算同様に九九を覚えることが全ての計算の基本です。

どうしても、九九を覚えきれないこの場合は、

7の段意向が苦手な子が多いようです。

 

その場合、7x5=35 であれば、7x6に迷ったら、

その前の答えの 7X5=35 に7を足してあげれば、7x6=42

と理解すると思います。 九九というのは、

ある時、忘れることがあるので、このような確認方法があることを教えましょう。

 

 

 

算数が苦手な子のほとんどが、計算でつまずいてます。

 

絶対守ること・・

 

① 字を綺麗に書く(薄くて小さな字を書かないように厳しく!)

② 正確さを優先して、多少時間はかかってもよい。

③ 毎日、20~30分ずつ、繰り返しさせるようにしましょう。

 

これらは、桁が増えても、少数・分数になっても同様です。

数の大きな計算においては、およその見当が付けばよいと思います。

 

例えば、18x22 ならば、20x20 の計算結果と

同じくらいの数になるはずだから、400前後の答えになるだろうと。

 

3567÷362 であれば、およそ10前後の答えになるだろう・・と。

大きな数に関しては、およその答えが見当つくことはとても重要です。

計算機を使っても、打ち間違いをすれば、大きなミスに繋がりますから。

 

 

この数の計算は、電卓があろうがなかろうが、進化したAIが登場しようが、

思考過程で”必需品”なので、怠ってはなりません。

漢字に関しては、読めて意味が解ることは今後も重要ですが、

書き取りはそれほど重要ではないと思われます

 

 

文章題に関しては、読み込む力を付けるようにしましょう。

足し算と引き算が混ざった問題を多くさせるとか、

掛け算と割り算が混ざった問題を多くさせる。

よく読んで考えないと出来ないような出題が良いと思います。

 

 

また、ここでも「割合の問題」になりますが、

割り算では、普通、大きな数を小さな数で割ることが多くあります。

例えば、330÷110 とか。

 

ところが、割合の問題となると、小さな数を大きな数で割ることになります。

ある打者が、330打席で110本のヒット打ちました。

その打者の打率を求めなさい‥というように。

110÷330=0.333・・ となりますから、

3割3分3厘ということになります。

 

 ・・・最近の子は野球をあまり見ないので、時代遅れの問題?

 

 

 

・・・・・・ 数の概念 ・・・・・

 

1とその数自身でしか割れない数を素数と言います。

 

例えば、2 3 5 7 11 13 17 19 23 29 31 37 ・・

二桁の数くらいまでは、素数かどうか、およそ知っておいた方が良いでしょう。

”割れない”という意味では、とてもとっつき辛い数に思えますね。

 

逆に約数を多く持つ数は、12 18 24 32 36 48 56 72 ・・

などは、約数を多く持ち、とても柔軟な数に思えますね。

 

そこそこ柔軟に思える数では、8 16 20 28 30 40 など。

 

素数の積となる数は、 4 6 9 10 14 15 21 22 など。

 

このように、数には人格と同様に、柔軟な印象のある数と、

硬い印象の数がありますね。

 

(50以上の数になると怪しくなりますが)

2桁の数はおよその印象が持てるようになると良いですね。

数に馴染みが出てきますから・・苦手意識解消にもなります。