世界史・地理・政経

義務教育レベルまでの社会科は一般教養のベースとなる。

出来れば、高校レベルまでの地理・世界史・政治経済は特に重要。

日本史は明治維新以降、倫理社会も興味が持てる範囲で。

 

ボーダレスの時代になってくると、

地理をしっかり学んでおかないと話にならない。

日本地理はともかく、世界地理が特に大事。

世界にはおよそ200ヶ国くらいある。 

そのうちの100ヶ国くらいの位置は知っててほしい。

そして、その国の気候・宗教・慣習・人種、出来れば、おおよその歴史まで。

 

良くも悪くも、この国にいると、たいていのことはこの国内で完結する。

英語など話せなくとも、日本語だけですむ。

その上、チャリで行動する範囲の地理さえ知っていれば、不自由はしない。

たまに遠出するなら、スマホで調べれば、電車のことやら何でも分かる。

 

海外の人たちに出会う機会が多くあるにもかかわらず、

彼ら彼女らの出身国の位置さえ分からない、国名さえも知らない。

これはとっても非礼なことになる。

先日、ニュージーランドでテロがあったとき、

地図上で位置が定かでないし、どんな国かも全く知らない。

なぜ、そのようなことが起こるか?

日本に住む若者の多くが、自分が住むエリア以外に興味を持たない傾向が強い。

自分の身の回りに危険が迫ってこない限りは、

他のエリアのことはどうでもよいようだ。

このような”無意識下の排他性”はどこから来るのか?

 

反日を掲げる国は隣国に数カ国あるようだが、日本人のこのような在り方を知り、

嫌日になる外国人は少なからずいる。

民主主義の基盤が他者への積極的な理解が前提となっているように、

自国(日本)のことさえもよく知らず、他国への無関心は恥ずかしい限りです。

嫌日になることが理解できる。

 

海外に出ると分かるが、日本人を「世界一民度の高い国民」と思っている人もいるが、

それは、安全と親切さ、礼儀と規律によるところで、

海外(外国人)への無関心(消極的排他性)を知る人たちも増えつつある。

 

古来からは中国文化の日本化が進み、多くの面で元の文化さえも凌ぎ、

近代では、西洋文化の日本化が進み、分野によっては西洋をも凌いでいる。

現実的には、”鎖国状態”が続いているのかもしれない。

他国・他民族への興味なくして不便はないようなのだ。

 

 

 

  ・・・ (特に先進国における)世界の話題 ・・・

 

私(塾長)は、アート活動を通して、展示会のために海外に出ることが多い。 多くのクリエイター(フォトグラファー、デザイナー、アート関係者)との繋がりがある。 

 

 

  unnamed.jpg

 

     *Festival Europeen de la Photo de Nu 

      (06 ~ 16 May 2016, palais de l archeveche arles, France)

 

2018年10月にはアントワープとパリの展示会へ参加していた。 彼らから何気ない疑問を投げかけられた。 「あなたの国では、なぜ、国民投票なしで原発を再稼働したのか?」と。 ちなみに、フランス、スイスなどを除いて、EUの多くの国では1984年以降は原発の建設は止めている。 原発の耐用年数は40年なので、2024年には、ドイツ、イタリアなど、ほとんどの国で原発は止まる。 広島、長崎、そして福島と経験して、なぜ、今更、再稼働なのか?と言うのが、率直な疑問なのだと思う。 

 

一方、国内で最も話題となっている「日韓関係」のことは、まったく知らないし、慰安婦、徴用工などの話題もない。 ただし、「中国の脅威論」はEUでも深刻な事態と受け止められている。 中国のお金(元)にものをいわせた土地などの買収も懸念されている。 アートの世界も例外ではなく、「アートを金で買うのか!」と言った人がいた。

 

 

 

 

  DSC_2195.JPG

 

     晩年のピカソが過ごしたニース(南仏)2016.5.13 

 

 

この写真を撮った2か月後に、この海岸通りを大型トラックが暴走し、

多数の死傷者が出たことには驚きました。

私は、1週間毎日のようにこの海を観ながら散歩してました。

テロは他人事ではないのです。

 

 

DSC_9490.JPG

 

       北京旧市街 2016.10

 

建物はグレーのレンガ造りになっていて、木造建築物は案外少なかった。

ここは観光地化していて、彼らの多くが住むエリアは質素な印象があった。

インフラ整備(水洗トイレ)が遅れていて、

どこへ行ってもトイレの臭いが鼻についた。

 

 

 

 DSC_7275.JPG

  

 北京の北側に位置する有名な湖畔での老夫婦 2016.10

 

この湖は人造湖で、

北京から天津へそして海へ繋がる水路へ水を供給するようになっている。

向こう岸が霞んで見えるのは、霧のせいではなく、スモッグです。

 

 

 

 SDIM0003.JPG

         

          北京市内 2016.10

 

旧市街とは一転して、高層ビルが立ち並び、街はゴミ1つないほど綺麗です。

写真を見れば分かりますが、1キロ先はほとんど見えません。

晴れの日も曇りのようで、目も少し痛いように感じたほど、空気が悪い。

東京なら、都心からでも100キロ先の富士山が見えるほど空気はクリーンですが、

パリは20年前の東京と同じ、北京とロンドンはかなりひどい。

 

10年後の北京は、かなりクリーンになっていると思われます。

対策が進んでいるので・・

 

 

 

アクセス どんな塾ですか? 指導内容 定期テスト対策 家で勉強しない子 費用・月謝