公立中高一貫校

公立中高一貫校の選抜方法について・・

 

通っていた小学校から出される「内申書」というより「報告書」と、

「適性検査」があります。  この適性検査ですが、

一般的な中学入試問題とは異なり、中高6年間の学習内容を

こなせるだけの基礎学力があるかどうか?

また、中高一貫校の校風・教育内容をしっかり理解しているか?

それらのための「選抜」になります。

学校によっては、「面接」がある場合もあります。

 

小学校から提出される「内申書」または「報告書」について・・

高校受験や大学受験に際に学校側から出される「内申書」には、

予め、決められた”ルール(慣習)”がありますが、

小学校から出される「内申書」または「報告書」には

決められた”ルール(慣習)”などはなく、

選抜する側が目を通すのは「生活態度」などであり、

学力面は「適性検査」で分かることであることから、

3段階の{進んでる・普通・やや遅れてる}などは、

問題視されないと思われます。

 

ここで、私立中高一貫校との違いは、

公立中高一貫校の教育体制にあると思われます。

{生徒・学校・親}とが一体となって、

生徒の教育を構築していこうとする体制です。

したがって、親が子供の教育に積極的に学校と

関わろうとしないのであれば、私立中高一貫校が無難であり、

親に関われだけの時間的余裕があれば、公立中高一貫校が

向いていると思われます。 

「面接」では、(親が学校と)どれくらい関われるか?が

選抜者側からの”選抜基準”になると思われることです。

 

  ・・・ 公立中高一貫校(東京都) ・・・

 

東京都立立川国際中等教育学校(偏差値63)

東京都立小石川中等教育学校(数年後に、高校も)(偏差値70)

東京都立大泉高等学校附属中学校(偏差値63)

東京都立桜修館中等教育学校(偏差値63)

千代田区立九段中等教育学校(偏差値63)

東京都立白鴎高等学校附属中学校(偏差値62)

東京都立両国高等学校附属中学校(偏差値67)

東京都立南多摩中等教育学校(偏差値63)

東京都立武蔵高等学校附属中学校(偏差値65)

東京都立三鷹中等教育学校(偏差値62)

東京都立富士高等学校附属中学校(偏差値61)

 

東京には11校ありますが、いずれも共学です。

ちなみに、神奈川県には5校あります。

 

<参考>偏差値には、全国模試と進学塾模試では数値がかなり違います。

例えば、全国模試65 ⇔ 進学塾模試55 とほぼ同じと考えてよい。

偏差値よりも、判定(A~E)を目安にするとよい。

Aなら、ほぼ確実、Bは75%、Cは50%、Dは25%、Eは3%未満。

この合格率は、当日の(受験者)出来によって、

また、(見せかけの倍率ではなく)応募者の実質倍率よってかわってくる。

 

実質倍率と見せかけの倍率の違い・・

偏差値70以上の学校であれば、第一希望で受けていることが多く、

発表された倍率と当日の倍率はほぼ同じだが、

偏差値65前後であれば、第二志望となっていることも多く、

既に、第一希望校の発表だすんでいれば、試験当日の欠席者がおり、

また、第一希望校の発表がすんでない場合は、

欠席者はほぼいないが、発表当日の合格者は定員より多く、

実質倍率は、公示される数値よりも低いと考えられる。