器用と無器用

学習における「器用と無器用」を考えてみましょう・・

 

学習することの基本は、理解すること。

 

理解することによって、面白さが増し、モチベーションも上がる。

 

ところが、科目・分野においては、

 

理解できなくても”そういうものだ・・”と思って、先に進んだ方がよいこともある。

 

化学で言えば「モルの概念」、数学などでも多くの分野・箇所で起こりうる。

 

 

DSCF1453-2.JPG

 

 

理解できないと先に進めない・・といことは、

 

学習する姿勢としては大切であり、間違っていない。

 

ところが、理解できなままに進み、

 

その後、理解できなかったことが理解できるようになることも多くある。

 

 

また、ベクトルの内積のように、そのもの”意味”は理解しにくく、

 

道具として使えば便利であるということで利用する”公式・定義”などもある。

 

私たちは普段からスマホで様々なアプリを使っているが、

 

そのアプリの仕組みを理解して使っているわけではない。

 

そのことと同様、使い勝手が良いから使うのだ・・

 

という感覚で進んで良いこともあることを、

 

学習の中でも(自分の中で)認めていくことも必要なのです。

 

そういう”頑固でない”という意味での”器用さ”も必要なのです。

 

 

数学が苦手、理科が苦手という生徒の中には、

 

このような理解できないと進めない”不器用な子”が多いことを

 

親御さんは、知っておきましょう。

 

 

ですから、当塾での「指導方針」の一つに、

 

理解できなくても、とりあえず先に進んでみる・・ことを勧めることがあります。

 

二次方程式の解の公式というのがあります。

 

その公式を証明する過程で、理解できなくてつまずく子を多く見かけます。

 

でも、理解できなまま進めても一向にかまわないと思います。

 

先ほど話題にしたアプリの一つくらいに考えて、その公式を使うと良いでしょう。

 

理系に進むのであれば、理解が必須ですが、そうでないなら、

 

理解できないまま進めても問題はないと考えてます。

 

 

何でもかんでも理解しようとすることは、時として”不器用なこと”になります。

 

 DSCF1396-3.JPG

 

また、 問題集を見ると、A、B、Cというように難易度が分かれてます。

 

基本、標準、発展というような別け方もあります。

 

ほとんどの場合、C問題・発展問題までは解く必要はありません。

 

A問題は解けるように、B問題も難しいのは外してよいと考えてよいでしょう。

 

 

中高一貫校では、難問ばかり宿題にしたり、テストに出題するケースもあります。

 

塾に通ってくる生徒の多くは困惑するわけです・・

 

ですから、

 

私は生徒たちに伝えます・・

 

「全部できる必要はない。 6~7割方出来れば十分だから」

 

「入試でも満点を取ることはできないし、6~7割出来れば合格できる」

 

だから、出来ない問題が出てくることを”苦痛”に思うことはない!と。

 

理解できないまま、進むことに”罪悪感(抵抗)”を覚えないようにします。

 

 

このような指導で、数学を苦にしなくなり、得点を上げる子も多くいます。

 

模試レベル・入試レベルの問題に取り組む場合、

 

多くの問題は、(1)(2)(3)というように、

 

基本から標準、発展レベルの問題が並びます。

 

(1)は出来るようにしましょう。 (2)は出来ればやってみる。

 

(3)は出来れば幸運だが、多くは飛ばす(外す)ても、OKです。

 

(1)と(2)ができれば、65%の得点にはなります。

 

高1。高2であれば、この程度で十分なのです。

 

 

大切なことは・・・

 

気持ちがめげないようにすること!

 

それには、理解できないままでも進んで良いし、

 

出題されたすべての問題を理解する必要はないし、

 

無理だと思えば、飛ばしてよいし、外してもよい・・