勉強嫌いな子

勉強嫌いな子・・

 

私は50年近く、塾長として様々な子供たちを見てきました。

 

「勉強嫌いな子供たち」も多くいました。

 

 

(勉強嫌いな)彼ら彼女らに共通することは・・

 

勉強をしないことを理由に厳しく叱られた子たちです。

 

 

先ずは、幼少時から振り返ってみましょう。

 

子供が、危険なこと、甚だ周囲に迷惑になることをしたときには、

 

叱るのではなく、納得ができるようにしっかり説明しましょう。

 

もし、その説明を理解できないようなら、

 

そのような危険で迷惑になるようなことを

 

二度としないことを子供に約束させましょう。

 

ここで大切なことは、決して叱ってはいけないことです。

 

いつか大人になったら分かるようになるから、

 

”約束しよう!”ということで治めましょう(親子の信頼関係)。

 

 

子供にとって(大人になってからでも)最も大切なことは、

 

行動することにおいて、諦めない忍耐力と果てしなく広がる(深まる)好奇心です。

 

ですから、幼少時に、子供が夢中になってやっていることを

 

(大人の勝手な介入で)中断させないようにしましょう。

 

夕食の時間になったからとか、寝る時間が迫っているからとか、

 

子供は遅くまで起きていてはならないとか、

 

親の言うことを聞かない子は悪い子になりそうだ・・とか、

 

・・そのような心配はいくらでもあるでしょうが、

 

それでも、子供が夢中になってやっている間は、やらせておきましょう。

 

お腹がすけば、後になっても食事はするだろうし、

 

少々の睡眠不足で健康を害することもありません。

 

親が、自分の言うことを聞かせようと強要してもいけません。

 

 

勉強とは言っても、算数国語から音楽や体育まで様々な科目があります。

 

子供が夢中になっていることを優先して考えてあげればよい。

 

主要5科目が出来ないと、いい大学に入れないとか、いい職にありつけないとか、

 

親の勝手な価値観で子供の意欲を奪うようなことだけはしないようにしましょう。

 

 

子供は、”懲りないことには学びません”。

 

”放任すること”も大切です。

 

失敗して、懲りることから(子は)学びます。

 

失敗してから初めて、しっかりフォローしてあげればよいです。

 

ここでも、決して叱ってはいけません。

 

 

もちろん、子供が何かを成し遂げたときには”盛大に”褒めてあげましょう。

 

失敗した時には上手にフォローし、上手くやった時には褒めてあげる・・

 

このようにして、子供は何事にも夢中で忍耐強く頑張るようになります。

 

 

勉強というと、主要5科目ばかりを考えがちですが、

 

未来は、むしろ副教科と言われる4科目が重要になります。

 

勉強というより、学ぶこと・・と言った方が良いかもしれません。

 

 

他のページにも書いてますが、「絵本の読み聞かせ」もとても大切です。

 

子供が夢中になるきっかけとなる間口を開きます。

 

 

 

最も良くないのが・・

 

親は叱り癖、子は叱られ癖が付き、親子関係が悪い例も多く見ます。

 

言わないとやらないから、叱らないと勉強しないから・・といのは、

 

既に、幼少時の親の子に対する対応から始まっていることになります。