宗教ではなく良識

行動規範(常識的には、行動の基準)は「宗教ではなく、良識」

 

(文化的、社会的)先進性を優先する国々において、

この「宗教ではなく、良識」はグローバルにより広く認識されていくでしょう。

 

例えば、アルジェリア(イスラム教徒が多い)で生まれ、

フランスに移り住んだアルジェリア人がフランスで40年暮らし、

「宗教ではなく、良識」が行動の基準であると考えるようになった・・・

と言われたことがある。

 

「宗教は心の拠りどころであり、行動規範とはなり得ない」というより、

宗教を社会的規範とすれば、宗教が違うこと、宗派が違うことによる

様々な軋轢が生まれる。

 

これらのことから、無宗教になる人たち、

あくまでも拠りどころと考え、親しい人や家族には語っても、

人前では”宗教を語らず”、良識をもって行動する人たちが

こらからますます増えていくでしょう。