入力と出力

 

勉強で言えば、入力することは学習することであり、

学んだことを基にしてテストでよい点を取ることを”良い”出力と考える。

 

ここには大きな間違いがある・・

確かに、入力することは学習することであるが、

出力することは、学習したことに基づいて「表現」することであり、

テストでよい点を取ることではない。

テストでよい点を取ることは、良く学習しましたという証(評価)に過ぎない。

 

学習における偏差値が高いことは、

入力する能力に長けていることで、出力(表現)に長けているということではない。

有名大学を出て、エリートと言われる人には出力が備わってないことがままある。

だから、入社試験の面接では、いかに出力に長けているか?が問われることになる。

 

現実社会での出力とは、コミュニケーションを通して、

如何に良い空間・時間を創りだしていくか?が問われるわけです。

チームプレイのスポーツであったり、アートとか音楽とか・・

全ては「表現する」ことに繋がります。

その表現こそが「出力」です

 

主要先進国では、音楽と美術、演劇を出力の”3要素#と捉えている。

したがって、音大、美大、演劇大?という大学がある。

日本には、演劇を主体とする大学はあるだろうか?

(演劇とまで言わなくとも、”弁論”に重きを置く学部はあるだろうか?)

 

演劇は役者や声優になるためだけの学部?ではなく、

いかに表現するかを、

いかに多くの人たちへ(自らの考えを)伝えるかを学ぶ学部(大学)なのです。