幸せの基本

幸せって、何だろう?と思うとき、

 

離婚の心配もなく、トラブルの少ない比較的豊かな家庭に生まれたら、

 

幸せな幼少時を送れるだろうとか・・

 

兄弟姉妹も2,3人いて、友達にも恵まれ、

 

そこそこ、思春期になれば好きになれるような異性と出会い、

 

そこそこ知られた大学に合格でき、好きなサークルで心地よい人間関係があり、

 

卒業後は、上司に恵まれた会社に入り、出来れば、結婚でもして、

 

良い家庭を築ければ?と思う。

 

 

 

恋愛とか、親子問題とか、友人関係とか、会社での上下関係とか・・・

 

これらの全てのトラブルは・・・すなわち、

 

○○相談と言われるようなものは全て「人間関係」だけの問題になってます。

 

 

そもそも、自然というものがあって、たくさんの植物・動物がいて、

 

その中の”一握りの存在”が人間なのであって、

 

大自然の営みに比べれば、ほんの小さな人間社会において、

 

なんで、そこまで深刻になってしまうんだろうか?と私は思うわけです。

 

 

人間関係とか人間社会を蔑ろにしているわけではなく、

 

都会のオフィスビル群の中にでも行かない限り、

 

自分の身の回りには自然が溢れているわけです。

 

そんな中にあって、

 

なぜ、世界観が人間関係だけに絞られてしまうのだろう?

 

と、思うわけです。

 

 

引き籠りがまずいのは、

 

世界観が自分の部屋の中だけになってしまうからです。

 

自然とも無縁で、人間関係も親族だけとなれば、

 

世界観はますます狭くなりますから。

 

 

ですから、「幸せの基本」は外に出ることです。

 

そして、できれば自然に触れ、自然を体感することです。

 

自分の世界観の中において、

 

人間関係の占める割合を現在の半分にしたらどうか!と思います。

 

半分は”自然と生きる”ことにとっておきましょう。

 

 

・・・・・・・・・・・

 

経済的自立を目指すなら、仕事をせざるおえません。

 

今の仕事は自分に向いてないとか、人間関係が難しいとか、

 

実は、仕事自体が自分に合わないのではないか?など・・

 

いろいろな不満は誰にでもあります。

 

であるなら、自分はこの仕事が好きなんだ!と思い込むしかない。

 

どうしても、好きになれないなら、仕事をかえればよい。

 

 

仕事というものは、ニーズがあって初めて発生するわけで、

 

自分がその仕事が好きだから・・といって、

 

その仕事があるわけではありません。

 

 

それと、”やらざるおえない仕事”をする以上、

 

人が生きていく上で、”報われる時間”がなければならない。

 

ライフワークと言えば、大げさになりますが、

 

好きなことを好きなようにする時間を作りましょう。

 

 

人生を”元気にやっている人”は、

 

仕事と趣味とのバランスが良く、

 

耐える時間と楽しむ時間のメリハリが良いですね。