不登校・引き籠り

 

 

124407543_1205503023180416_5403350416180346402_n.jpg

 

 

「不登校・引き籠り」 その実態・・

 

 

多様性が当たり前の時代であれば「それぞれの自由」というものがあって良い。

 

それぞれとは何か?

 

「現実を主体に生きる人たち」と「非現実の中で生きる場を見つける人たち」。

 

スマホ・PCはあくまでも便利なツールとして使うが、

 

主体(軸)は常に現実に置いている人たち。

 

方や、現実は人間関係などもややこしく面倒なことも多いことから、

 

”活躍の場”をスマホ・PC・ゲームの中に求めようとする人たち。

 

 

実体験に主体をおくか、疑似体験まででよしとするか・・

 

恋愛を例にとると分かりやすい・・

 

SNS、ゲーム、アニメや漫画など、疑似体験できるツールは溢れている。

 

現実に恋愛を体験することは、この上ない喜びでもあり、

 

同時に半端ないストレスも生じる。

 

「現実の喜び」を取るか、「ストレスのない疑似体験」で止めておくか。

 

最近の若い人たちを見ていると、この2極化が進んでいるように感じる。

 

リアル(現実の)な恋愛体験を持とうとしない若者が年々増えてきているように思う。

 

 

リアルな現実で生きようとしない者を見つけると、

 

多くの人たちは、不健全だとか、どことなく気味が悪いとか思うかもしれないが、

 

現実の世界であれ、ネット上であれ、法が守れるのなら、

 

「それぞれの自由」があっても良いのではないか。

 

 

そもそも、このような内容を話題にするのは・・

 

不登校の子供たちと塾内で向き合っているからです。

 

このような子供たちの多くはゲームにハマっている。

 

ハマっているというよりも、他にやることがない・・というのが現実なのか、

 

以前ならば、ひとり悶々と時間を過ごすことを強いられていたところを、

 

ゲームをすることによって、それらの子供たちへ”活路(逃げ場)”を与え、

 

本来ならば、心を病んでしまうことから、

 

子供たちを救っているかもしれない・・と考えたりする。

 

だからといって、

 

現実でほとんどコミュニケーションをとろうとしない生徒を前にすると、

 

”これから先、この子はどうやって生きていくのか、

 

いつかはかわれる時がくるのか”・・と考えると、心は重く、痛む。

 

思春期という人生で最も貴重な時を部屋に籠り、

 

ひたすらゲームにハマっている姿を想像し、見ているのは辛い。

 

”心の扉”を叩いてはみるが、その扉は頑なに閉ざされている。