大学進学状況

 

 

コロナ禍を経て、大学への進学状況はどのように変化するか?

 

改めて考えてみよう・・

 

 

これまでなら、大学進学を迷っていた学生は

 

進学を止めることになりそうなこと。

 

まして、地方出身者であれば、金銭的な負担は想像以上になる。

 

 

学生数が減っている状況下では、

 

偏差値50以下の大学は定員割れも考えられる。

 

偏差値55以上の大学では、これまでの状況と変わらないと思われるが、

 

それ以下の大学では、定員確保に躍起にならざるおえない。

 

したがって、AO入試・指定校推薦入試による入学者を増やし、一般入試でとる生徒は減らす。

 

AOでの合格者は11月以内には決まってしまうので、

 

下位校では入学者を確保しやすい。

 

 

それと、これまでは理系大学を無事卒業できる学生は

 

全体の8割弱とも言われるが、

 

そのような学内状況を続ければ、その理系大学は敬遠されることも考えられ、

 

卒業をより易しくする理系大学も出てくる可能性さえある。

 

 

 

マーチレベルの理系学部に通う学生の実態・・・

 

 

大学によってもその割合の違いはあるが、

 

理工系学部に通う学生がどのような過程を経て入学してくるのか?

 

詳細を書き記しみる。

 

 

一般入試で入学してくる学生は50%、指定校推薦枠・AO入試などで20~30%、

 

内部進学(持ち上がり)が20~30%位の割合になる。

 

この中で無事4年間で卒業できる学生は70~80%、

 

中退する学生・卒業できない学生は20%弱はいると思われる。

 

 

では、留年したり、4年間で卒業できない学生は

 

どのような入試形態で入学してきたか? 詳しく書き記してみよう・・・

 

 

 

一般入試で入学した学生の中にも、

 

(例えば)英語と物理が得意で数学は苦手だった学生などもいる。

 

このケースでは、必須科目の数学の単位がとれない場合がある。

 

それと、受験勉強の反動から、”遊び”に走るケースもある。

 

理系学部では、受験勉強以上に頑張らないと卒業は難しいとも言われる。

 

 

では、指定校推薦枠・AO入試での入学者はどうか?

 

内申書の平均評定が4.5以上の者が殆どで、範囲の限られた定期テストには強いが、

 

学力的にはイマイチの学生が多い。

 

基本、真面目に通い、頑張る習慣はあるが、

 

大学のカリキュラムに付いていけないケースはある。

 

 

内部進学ではどうか?

 

指定校推薦枠・AO入試での入学者同様、多くの者は学力不足は顕著なので、

 

ここでも、留年、中途退学者は多く出る。

 

 

いずれにしても、はっきりと言えることは、

 

高校時代よりも頑張らないと卒業は難しいということです。