中高一貫校へ通う

 

中高一貫校には、私立校と公立校があります。

 

 

私立中高一貫校にも、卒業生のほとんどが内部進学する大学付属校。 

 

成績上位者の多くは外部受験し、中堅クラスの生徒は内部進学、

 

それ以下の生徒は内部進学もできないシステムの準大学付属校

 

内部進学できる大学を持たない進学校とに分かれる。

 

 

どういう大学に進学するか?したいか?によって、

 

中学受験の際にこれら(大学付属校、準大学付属校、進学校)の選択肢が異なります。

 

大学付属校と上位進学校の難易度にさほどの差はなく、

 

準付属校と中位進学校は、

 

大学付属校と上位進学校の滑り止めとされていることも多い。

 

 

上位進学校の多くの生徒の進路は、人気順に言えば、

 

医学部進学、海外の一流大学、国公立大、早慶など。

 

 

 

公立中高一貫校

 

 

最近、人気が上がって来たのがこの公立中高一貫校です。

 

ただし、大学へは繋がってないことから、全生徒が大学受験をします。

 

”素晴らしい中学・高校生活”を送れることは想像できますが、

 

人間形成を第一と考える校風(志向)があり、

 

大学受験では、本人の努力が必須となります。

 

<参考>公立中高一貫校について・・

 

 

 

・・・ 中高一貫校に通う生徒の問題点と注意点 ・・・

 

 

中学受験のために小学低学年から”努力”を強いられているため、

 

その反動で中学入学後に反抗期も重なり”無気力”に陥るケースがある。

 

無理な中学受験は避けた方が良い場合もある

 

区立中学から、名門都立高への受験も視野に入れるとよい

 

 

< 参考:6年制進学校の選び方 >

 

 

 124208617_731060170831117_3329978250823197981_n.jpg

 

 

アクセス どんな塾ですか? 指導内容 定期テスト対策 家で勉強しない子 費用・月謝