個別指導塾・中学校

個別指導塾・中学生・・

 

私立校に通う内部進学生にとっては、

小学校から中学に内部進学したケースでは、

外部から入試を経て入ってきた生徒よりも、学力的に低いこと事が多い。

 

小学からの持ち上がりでは、理科・社会科でまとまった勉強をしてない。

算数の〇〇算と言われる応用問題などをこなしてないこと。

集中力を高める学習習慣が身に付いていないこと。

(小学から中学に持ち上がる生徒の場合、これらのことを念頭に置いて

通ってくる生徒がいる)

 

中1、中2位まではよいが、中3位からカリキュラムが著しくレベルアップされ、

学校の授業に着いていけないケースがある。

私立校にもよるが、中3から高1に上がる時点で、

全体の1割くらいの生徒は外部に転校を強いられる。

(うちの学校ではついていけませんから・・という理由)

 

このように、上位私立内部進学校では、

(幼稚舎)小学から大学までの内部進学生では、

小学から大学まで無事に上がれる生徒は70~80%位である。

「定期テスト対策」が最優先される。

 

 

中高一貫校に通う中学生について・・

 

① 大学受験を前提としたカリキュラムが組まれている場合

 

中2までに中学範囲が全て終わり、中3から高校範囲の授業になる。

中3と高1で6年間で学ぶ範囲は一通り(基礎範囲)終え、

高2高3では、受験勉強となり、履修科目数は限られる。

 

理数科目が苦手な場合、逆に文系科目が苦手な場合、

高2以降から履修科目が限られることもあり、

内部進学に比べれば、卒業することは難しくない。

(成績が極端に悪ければ、転校させられる場合もあるが、

落第などはない)

 

 

② 文武両道を唱え、履修科目もかなり多い場合。

 

広範囲での良識を養うためのカリキュラムが組まれ、

履修科目数はかなり多くなる。

したがって、国立大学への受験向きとも言える。

大学受験に際しては、現役合格者は少なく、

一浪して、国公立・早慶などへ進学する者が多い。

 

 

区立に通う中学生にとって・・

 

都立高受験を前提とする生徒が多く、

内申書が重要となることもあり、「定期テスト対策」が重要となる。

(1000点満点の入試となり、そのうち300点は内申点による換算)

 

偏差値68以上の都立高では、自校問題が出題され、応用力が問われる。

多くの都立普通科でも、5科目受験が前提となり、

「定期テスト対策」は当然として、英数国理社の5教科の実力アップ。

 

最近は、公立中学から都立校進学を考え、

中学受験を避ける親御さんも多くなってきている。

なぜなら、最近とみに、都立校の大躍進があるから。