小田急線沿線から通える都立高校

小田急線沿線から通える都立高校

 

 

 

都立高校の受験制度について・・

 

推薦入試(定員の10~30%)と一般入試(定員の70~90%)

 

 

1)推薦入試

 

調査書(内申書)と個人面談(または集団討論)などによって決まる。

 

普通科のほとんどが定員の20%とい低く、倍率も2倍以上になっている。

 

 ・・・お試し受験と考えて受ける者も多い。

 

調査書(内申書)は中3だけで判定することが多い。 

 

 ・・・中3だけでなく、中1,2年生の成績が加味される学校もある。

 

判定基準は、9科目の合計点(満点は45)を使用する。

 

 

試験(検査)日は1月下旬で、発表は2月初旬。

 

個人面談は自己PRカードを基にして、10分程度行われる。

 

集団討論はテーマが決められており、5~6人がグループとなり、討論が行われる。 

 

 

また、普通科では作文または小論文がかされる。

 

調査書(内申書)は50%以下として加算され、個人面談(または、集団討論)と

 

作文または小論文の合計で判定される。

 

一般的には、調査書50%+面談・討論25%+作文・小論文の合計で決められる。

 

 

 

2)ほとんどの生徒が受ける一般受験

 

一般入試は2月下旬に実施され、発表は3月初旬となる。

 

選抜方法が”複雑”なのでよく理解しておきましょう。

 

調査書(内申書)300点+当日点700点の合計で判定される。

 

 

調査書(内申書)の換算の仕方は・・

 

主要5科目(5段階評定)+副教科4科目(評定X2)の合計を300点に換算する。

 

実際の計算は・・・

 

英数国理社が4,4,4,4,4で、保音美技が3,3,3,3であれば、

 

{(4+4+4+4+4)+(3+3+3+3)×2}×300/65

 

この式では理解することが難しいので、目安としては、

 

調査書(内申書)が1違うと、当日点では5点位影響すると考えれば良い。

 

したがって、換算調査書が受験者の標準より10多ければ、

 

当日点で約50点有利となる。

 

 

都立高入試の場合は、持ち点としての調査書が重要となり、

 

東アカデミーでは、「英数国理社」の指導もちろん、

 

評価点の2倍と換算される「保音美技」の対策の指導も重視している。

 

 

 

 

A)英数国で自校作成問題を出題する高校

 

新宿、戸山、青山、国立、西、日比谷、立川、八王子東、墨田川、国分寺

 

自校作成問題は共通問題よりも難しく、

 

思考過程などを問われる問題が多く出題され、

 

高得点が難しいという意味で、学力差が出やすいとされる。

 

 ・・・マークシートではなく、記述形式

 

 

B)英数国がグループ作成問題となる高校

 

両国、富士、大泉、白鵬、武蔵

 

 ・・・マークシートではなく記述形式

 

 

C)英語だけが自校作成問題となる高校

 

国際高校

 

 

 

 

 

・・・換算(内申書・調査書)と偏差の関係・・・

 

 

小田急線沿線から通いやすい都立高校

 

 

  

 

 

 

 

 

小田急線沿線から通える都立高

 

または、世田谷区から通いやすい都立高とも言ってもよい。

 

 

換算内申書の高い順から・・は単位制、は女子

 

戸山(72・72)・青山(71・70)・小山台(67・68) (換算内申61)

 

新宿(69・69)・駒場(66・66)・調布北(61・61 (換算内申59)

 

狛江(59・59)                      (換算内申56)

 

豊多摩(62・60                     (換算内申53)

 

目黒(59・58)・調布南(57・57)           (換算内申52)

 

広尾(56・57)・神代(57・57)            (換算内申50)

 

田園調布(54・53                    (換算内申48)

 

芦花(54・54)                      (換算内申46)

 

松原(47・46)・桜町(47・46)            (換算内申43)

 

千歳丘(45・45)・深沢(43・43)           (換算内申38)

 

 

換算内申(調査書)の計算方法 <都立高受験

 

換算内申書の目安として、All 4 で52,All 3 で39

 

都立高・普通科を目指すなら換算内申ではAll 3 が必要である。

 

 

換算内申の高い順に並べましたが、偏差値にすると逆転する高校もある。

 

60%合格を基準にして換算内申を表示(受験する場合の基準)。

 

倍率は1.5~2.0位が多く、桜町、深沢では1.0倍を切ることもあり、

 

全員合格も考えられる。

 

 

 

 

都立高校への受験希望者へ・・

 

 

都立高というところは、基本、全て共学校であり、制服などもあるが、

 

校則などは厳しくないのが普通。

 

 

偏差値70前後もしくはそれ以上の都立高は、”復権を果たした高校”が多く、

 

50年前の最盛期を上回ると言っても過言ではない。

 

例えば、都立西高と開成高校の両方に合格した場合、

 

西高を選ぶことが普通となっている。

 

理由は、西高を選んだ方が文化祭などでの盛り上がりもあり。

 

充実した高校生活を送らると考える生徒が多いこと。

 

もう一つは、開成は中高一貫校であり、高校から入学すると、

 

学業の進度などの差もあり、多少の疎外感もあるとも言われる。

 

 

 

 

それでは、偏差値60前後の都立高では・・

 

例えば、狛江高校を紹介しましょう。

 

サッカー部やダンス部などが強いことで知られてます。

 

茶髪やピアスなどは禁止されてますが、特に厳しいということはないようです。

 

小田急線和泉多摩川駅からも近く、目の前を多摩川が流れていることもあり、

 

環境が良いことで知られてます。

 

 

大学進学に関しては・・・

 

上位40%以内にいれば、マーチレベルもしくは国公立などへの合格も可能です。

 

高校生活はとても充実しているというのが、通っている生徒の多くの感想です。

 

 

 

小田急線沿線(世田谷区内)では、同レベルの都立高がなく、

 

倍率は2倍前後ですが、学力的に余裕をもって入学する生徒も多いようです。

 

その理由は・・・小田急線利用では、駒場高校、新宿高校(単位制)、

 

戸山高校、青山高校など、偏差値70前後の学校ばかりで、

 

狛江レベル(偏差値60)の学校は狛江くらいしかないことです。

 

神代高校もありますが、どちらかと言えば、京王線沿線の都立高であり、

 

世田谷区内からは、受けにくいこともありますが、

 

自転車で通うとなれば、同じことなのですが・・

 

 

 

 

 

 

都立松原高校 

 

 

京王線下高井戸もしくは世田谷線・下高井戸利用ですが、

 

自転車通学の生徒も多いようです。

 

 

偏差値は47前後であることから、指定校枠はありますが、

 

その枠には入れれば、それなりの大学進学は可能ですが、

 

それ以外では、”生きたい大学”への進学は無理と考えた方が良いでしょう。

 

 

最近の大学入学状況では、偏差値45以下のであれば、

 

募集人員を割ることもあり、素行でも悪くない限り、ほぼ全員合格ですので、

 

これまでのように、入る大学がないというような状況ではありません。

 

 

 

 

 

 

桜町高校・・

 

 

田園都市線・用賀駅から徒歩で8分位のところに位置します。

 

バス通学も可能ですが、自転車通学も多いようです。

 

女子生徒の制服はとても人気があるようです。

 

 

 

桜町・松原レベルの都立高での学業指導と大学受験対策について・・

 

これが私立校であれば、大学入学実績をそれなりに結果を出さないことには、

 

学校自体の存続にかかわりますから、学業に関しての指導は熱心になります。

 

ところが、都立高であれば、(先生にとっては)そのような縛りはありませんから、

 

学業の指導は緩くなってしまうことは必然とも言えます。

 

大学進学を考えるのであれば、同レベルの私立校を勧めますね。

 

 

 

 

 

偏差値50以下(特に、45以下)の大学ついての現実と未来・・

 

少子化とコロナによる不景気の影響もあり、

 

偏差値45以下の大学受験では、定員割れも多く、全員合格もある。

 

 

現実的には・・・

 

AO入試は、高校側から出される調査書は必要であるが、推薦は必要なし。

 

偏差値45以下の大学のAO入試では、調査書と面接・小論文で選抜されるが、

 

面接でよほど素行の悪さなどが見られない限り、合格できる。

 

極端に言えば、英検3級が取れなくとも、偏差値が35でも合格できる。

 

例えば、日大理工学部なら、学科(偏差値45~58)にもよるが、

 

人気のない土木工学科、交通システム学科では、

 

AO入試で全員合格というデータが出ている。

 

 

 

それでは、土木学科に合格した学生はどのような学生生活になるか?

 

理数系の学力がよっぽど低くない限り、真面目に出席すれば卒業できるが、

 

そもそも、偏差値30前後で勉強の習慣もない学生は、

 

1学期の9月の時点で進級できないことを悟り、退学する者も出てくる。

 

したがって、卒業できない学生は10%~20%位は出てくると思われる。

 

教養課程での「理科総合・数学」などで、ついて行けないケースが目立つ。

 

 

逆に、高校時での学力がなくとも、卒業さえできれば理工学部卒となり、

 

それなりの就職にはありつけることにもなる。

 

また、スポーツばかりしてた者は、学力はなくとも実社会には適応力もあり、

 

卒業さえできれば”儲けもの”と言う見方もできる。

 

 

 

文系・アート系などでの偏差値45以下の大学を卒業することの意味は?。

 

資格のとれるような大学であれば入学・卒業する意味はあるが、

 

 

そうでなければ、ほとんど意味がないことになる。

 

 

 

 

 

 

 

都立高校入試について・・・

 

入学者選抜は「推薦入試」と「一般入試」の2種類がある。

 

 

 

推薦入試・・・

 

点数化された「内申点」と、集団討論や個人面接を考慮し

 

総合的に選抜される。 選抜日時は1月の下旬で結果発表は2月初旬。

 

募集人員は高校によって異なり、20% 程度となっている。

 

受験するには中学校側の推薦が必要であり、倍率も2倍以上と高く、

 

一般入試の1か月まえに実施されることから、”お試し受験”程度に考えて、

 

受ける生徒も多い。 ・・・本試験(一般入試)は、1か月後と考えている。

 

もちろん、推薦入試を受けた後に一般入試を受けることが出来る。

 

したがって、都立高校入試は2度のチャンスがあると考えてよい。

 

 

 

では、配点の割合はどうなっているのでしょうか・・・

 

内申書・調査書が50%、集団討論・個人面接が25%、小論文または作文が25%

 

が大まかな目安です。

 

 

一般入試・・・

 

推薦入試と同様、点数化された「内申点」と、当日の学力検査の合計で、

 

選抜される。 推薦入試では集団討論や個人面接など”印象点”が入るが、

 

一般入試では、内申点と学力検査(主要5科目)の合計点だけで選抜される。

 

学校によっては、実技検査や小論文を課すところもある。

 

選抜日時は2月下旬で、結果発表は3月初旬。

 

募集人員は80%前後となっている。

 

 

 

 

内申点の計算方法・・・

 

主要5科目は素点のままで、副教科は2倍にして、その合計が内申点。

 

英数国理社が、34435、技術・体育・音楽・美術が2543であれば、

 

内申点は、(3+4+4+3+5)+(2+5+4+3)X2=47

 

ちなみに、オール5であれば、その合計は65となる。

 

 

 

一般入試の選抜は、当日の学力検査が7、内申点は3の割合となる。

 

内申点は3年生の2学期の成績となるが、

 

学校によっては、1学期と2学期の合計で決める学校もある。

 

いずれにしても、1年時、2年時の成績は入らない。

 

 

 

このように、都立高校の選抜の仕組みを考えるとき、

 

内申点の重要性が考えられ、とくに副教科は2倍される。

 

1000点満点に換算すれば、当日点は700点、内申点は300点となる。

 

特に、内申点は受験前に決まっていることから、持ち点と考えられ、

 

内申点が低ければ、30~50点のハンデを背負って受験することになる。

 

主要5科に比べて、副教科が低い生徒は

 

都立の一般入試には不向きと考えられる。

 

 

 

 

 難易度で分類する都立高校・・・

 

 

(1)日比谷、西、国立、立川、戸山、青山、八王子東の7校は

 

 

進学指導重点校に指定されてます。

 

 

理社は(都立)共通問題を使用しますが、英数国は自校作成問題となります。

 

 

(2)新宿、墨田川、国分寺は単位制高校ですが、進学重点校でもあります。

 

 

入試に関しては、進学指導重点校と同様です。

 

 

(3)武蔵、大泉、両国、富士、白鷗の5校は、中高一貫校であり、

 

高校からの入学が可能ですが、

 

(都立の中高一貫校ですが)小石川・桜修館・立川国際・南多摩・三鷹などは、

 

高校からの募集はしてません。 上の2グループと同様の入試形態をとってます。

 

 

これら3グループの入試では、自校作成問題が出され、高難度になりますから、

 

内申書が低くても当日点で稼げばよいことになり、

 

一般的な都立高より(内申点が低くても)学力のある生徒にとっては、

 

 

入りやすいと言われます

 

 

 

(4)進学指導特別推進校・・・進学指導重点校の次に位置する進学校。

 

 

国分寺、小山台、駒場、新宿、国際、町田、小松川。

 

 

(参考)進学指導重点校の入学時の偏差値が70~75、進学指導特別推進校では、

 

偏差値65~70位と考えればよいでしょう。 

 

最寄り駅が小田急線成城学園駅であれば、新宿、小山台、駒場、町田、国際などは、

 

通学時間1時間以内に位置してます。

 

 

 

 

 (5)進学指導特別推進校の次に位置する進学指導推進校・・・

 

 

豊多摩、調布北、三田、竹早、北園、城東、隅田川、武蔵野北、小金井北、

 

江北、江戸川、日野台、多摩科学技術。

 

 

(参考)入学時偏差値は60~65前後。 地域性を考慮してますので、

 

実績(大学進学状況)だけで指定校になっているわけではありません。

 

小田急線または京王線利用であれば、豊多摩、調布北などは通学圏になります。

 

二子玉川(田園都市線・新玉川線)利用であれば、

 

地下鉄を乗り継いで通えるところもあると思います。

 

通学時間を計算する場合、自宅から最寄り駅まで何分かかるか?

 

駅を降りて、学校まで何分かかるか?により通学時間は違ってきます。

 

都心へ向かう電車通学であれば、1時間以内で通学可能な学校は多くあります。

 

また、バス利用の場合も同様です。

 

チャリ(自転車)通学は出来れば控えた方が良いでしょう。

 

3年間毎日のことですから、事故のリスクはかなり高いと思われるからです。

 

 

 

 (6)偏差値50~60で、世田谷区から通いやすい都立高。

 

 

偏差値の高い順に・・・

 

 

狛江、産業技術高校(品川区)、工芸高校(文京区)、目黒高校、神代(調布市)、

 

調布南、総合芸術高校、田園調布高校、広尾(渋谷区)、武蔵丘(中野区)、

 

芦花(世田谷区)、府中、桜町、府中西、松原、世田谷総合。

 

 

 

(参考)世田谷区内から通いやすい都立高校。

 

世田谷区内からとはいっても、京王線、小田急線(千代田線)、

 

新玉川線・田園都市線、井の頭線などの利用が考えられ、

 

新宿・渋谷まで出て、それから乗り継ぐと考えれば、

 

上にあげた以外にも(1時間以内の)通学可能な都立高は他にあると思われます。

 

例えば、小田急線・成城学園駅前から上野まで千代田線経由で50分弱です。

 

また、町田までは急行で20分ですが、駅から徒歩で行ける学校は少なく、

 

バスを利用するとか、、、になります。

 

 

台東区とか町田市まで通うとなると、”away”な感じになりますね。

 

自分と同じ中学から通う生徒は他にいないことになりますから・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公立・区立・都立高の個性化

 

 

 

 

区立小学校では、受験をする子としない子の区別が顕著で、

 

 

個性化が進みつつありますが、まとまりが難しいことが現実です。

 

公立中学では、例えば区立桜丘中学のような人気校が出現しつつあります。

 

校長の指導内容の在り方が大きく影響することもあり、

 

従来型の指導方法を変え、部活動などにも(今までなかったような在り方を含み)、

 

とても楽しい学校教育を受けられるという評判です。ただし、

 

校長が移動しても、その在り方は存続するでしょうが、

 

公立校にはこの「移動」があるのでちょっと残念な気もします。

 

公立校にも「伝統」の存続が望まれることになります。

 

都立高校の急激な変化が注目されるようになってきました。

 

例えば、都立西高、都立立川高などは入学時の偏差は70以上、

 

文化活動なども盛んで、超人気高校になりました。また、

 

日比谷高偏差値73、戸山70、青山66、新宿64、などの復権が目立ちます。

 

・・・ ここで、教育の多様化が顕著になって来たこと。 

 

心身ともに成長が遅く、1月から3月生まれであれば、

 

中学入試には不利があります。

 

そこで、無理をせずに公立中学に進み、本格受験は高校受験からすればよいわけです。

 

世田谷区内から通える人気の高いところから順に挙げていくと、

 

渋谷区にある都立広尾高校(偏差値では53ですが、

 

「国語」の文部科学省から教育課程研究指定校、

 

実践研究指定校を受け、また、スポーツや文芸部門なども高く評価背れてます。

 

目黒区にある都立国際高校は偏差値60以上ですが、

 

進学指導特別推進校の指定を受け、英語入試では自校作成問題であり、

 

帰国子女枠などもあり、英語のみならず、様々な外国語文化を吸収できるシステムをしいてます。

 

目黒区にある都立目黒高校は、

 

「理数研究校」「英語教育推進校」との指定を教育委員会から受け、

 

偏差値は男子48、女子は53となってます。 

 

都立高でありながら、進学校のスタイルをとってます。

 

渋谷区に位置する都立青山高校ですが、

 

偏差値は男子65、女子61ですが、従来型の進学校を目指してます。

 

国公立大に進学を目指してます。また、外苑際は、登校の伝統行事として有名です。

 

 

都立新宿高校ですが、現在の偏差値は63とそれほど高くはないのですが、

 

都教育委員会から「進学指導特別推進校」の指定を受け、

 

国公立大学、早慶進学者を多数出し、これから、ますます進学実績を残す高校として

 

(従来の進学校として)復権すると思われます。