ごあいさつ

成城学園前駅で40年の歴史ある個別指導塾です。

 

 

 

小学1年生から大学受験生まで、全ての教科が指導対象です。

 

生徒個々のカリキュラムで進めていきます。

学校の進度に沿った指導を主とします。

指導時間に制限はありません・・ 

4:00~9:00 までの5時間を自由に使えます。

 

 

通ってくる塾生について 

 

小4 P君の場合)

指導科目は、算数、国語、理科、社会、英語。

学校帰りに4:00に来塾。

基礎英語と算数、国語を主に6:30まで。

 

小5 A君の場合)

小学から大学までの内部進学を希望。

算数、国語の応用力強化。 英語も。

算数の割合の考え方をしっかりできるか?が特に重要。

指導時間: 4:40~7:30

 

 

小6 Bさんの場合)

区立小に通っているが、受験するかどうかは未定。

最近の傾向として、第一希望の私立校に行けなければ、

区立中学から都立高受験を視野に入れるケースが増えている

算数・国語の基礎力強化と応用問題まで。

この時期は、算数で後れを取らないことが大切。

英文法を中心とした英検対策も。 

指導時間:4:00~8:00位まで。

 

中1 Cさんの場合)

英語だけで中学受験したため、数学、国語、理科、社会の基礎学力に不安。

大学までの内部進学を希望。

定期テスト対策に重点を置き、全ての教科が指導対象。

5:30~8:30

 

中1 Qさんの場合)

大学まで繋がる準内部進学校に通っているが、

高校から大学へは、ほとんどの生徒が外部受験となる。

指定校推薦、AO入試、公募推薦、一般受験 など、

小論文対策なども含め、様々な進学ケースに合わせた指導となっている。

5:10~8:00

 

中2 D君の場合)

中学受験し、文武両道の男子校に通っている。

選抜クラスにいるため、学校の進度が速く、内容レベルも高い。

家では出来ない難しい宿題をすませる。

全ての教科が指導対象。

校内で上位30%に入っていれば、国立・有名私立大への合格可能。

学校が塾から近いため、4:00に来塾。

途中休憩を入れながら、8:00まで。

 

中3 W君の場合)

区立校に通っているが、

上位都立高(新宿、青山、駒場)を目標とする。

部活は引退している

4:00に来塾し、9:00まで。

英語、数学、理科、国語、社会を中心に

内申書アップのため、9教科すべての指導。

 

 

中3 E君の場合)

学校帰りに4:00に来塾。

学校で進んだ数学の復習を学校のテキストを使用して6:00まで。

その後、塾指定の英文法のテキストを進めます。

生物と化学のノートを参照しながら、レポートの作成。

復習・宿題などをすませて 8:40に帰宅。

 

 

中3 Fさんの場合)

中高一貫・女子校に通う。

中学の学習内容は中2までにすませるので、進度が速い。

中3から高校の学習内容に入るので、数学、英語、化学が主な指導対象。

5:00過ぎに来塾し、数学の宿題を終え、英語の文法内容の確認、

校内で上位50%以内にいれば、有名大学への合格可能。

定期テスト対策ではすべての教科が指導対象。

学校の進路指導方針に推薦入試などは勧めていないため、

ほぼ全員が一般入試となる。

5:20~9:00まで。

 

 

高1 Gさんの場合)

部活がない曜日には5:00に来塾。

今、進んでいる数学の復習をし、問題集も解く。

7:00から、生物と化学の問題演習

英語の予習を終えて8:30に帰宅。

 

 

高2 H君の場合)

いったん帰宅して、食事をすませてから来塾するため、

指導時間:6:00~9:00

内部進学と外部受験も視野に入れ、

定期テスト対策と受験指導も。

機械工学科を希望しており、数学、化学、物理、英語が指導対象。

 

 

高2 Iさんの場合)

大学まで併設される名門女子高。

上位30%位までには入ってないと希望学部・学科の内部進学は難しい。

併設される大学には、農学系、理工系、医療系学部がないため、

外部進学する生徒、推薦枠で他大進学者もいる。

部活がない曜日に、4:30に来塾、8:30まで。

数学、物理、化学など、全教科が指導対象。

 

 

高3 Jさんの場合)

4:00に来塾。 

大学進学は、指定校推薦枠に入ることが第一目標。

内申書・平均評定4.8以上をキープすること。

希望する大学はB判定(模試)なので、一般受験での入試も視野に入れている。

指導科目は、数学、英語、物理、小論文。

9:00に帰宅。

 

 

体験学習を受付

先ずは、見学して、体験学習を受けてください。

その生徒の状況を知ることによって、詳細を提案することになります。

 

週何回来塾するか?  

部活と勉強の両立を前提とする。

部活のない日に、週1または週2回の指導となる。

 

指導内容 についても・・

中高一貫校では、進度が速いこと、難しいことが当然で、

先ずは、学校の進度に付いていけること、不得意教科を無くすこと。

内部進学校でも同様、進級を前提とする、大学までの内部進学では、

内申点が大きく影響してくる。 

また、英検2級以上を内部進学条件とする学校も増えている。

 

 

 

中高一貫校 

進度・カリキュラムについていけないケースを多く見かける。

数学・化学・生物は特に難しい。

学校帰りに復習をしながら、テキストも終える。

 

 

内部進学 

進級に不安があるケースでは「定期テスト対策」が重要。

希望学部・学科は成績順に決まるので、上位にいることが大切。

 

 併設される大学に内部進学するのか?外部受験するのか?迷っている。

 

 

推薦入試・AO なども考えている。

平均評定4.6~4.8以上あれば、希望大学・学部に合格可能。

 

 

中学受験 

中学受験するなら、どのような中学に入れるのか?

今後の進路にアドバイスがほしい。

また、中学受験に向いているのか、それとも、高校受験を? 

 

 

 数学が苦手な生徒 が多く来塾してます。

生物と化学を理解することが難しい。

「英検対策」も含めて、英語の基礎学力強化と受験対策。

 

 

内部進学生 にとっても、中高一貫校 にとっても、

定期テスト対策「休み明けテスト対策」は重要です。

 

 

生物・化学・物理 の理解できない生徒が増えてます。

私立校では、中学3年時から、生物・化学を学びます。

 

 

東アカデミー

学受験科目選択